生える人をふやす

    2017年08月19日 更新

    AGA対策! ザガーロ(デュタステリド)の発毛効果・副作用を解説

    ザガーロ(デュタステリド)は2016年6月に新しく販売開始されたAGA治療薬。
    今回はザガーロが持つ発毛効果・副作用についての本当の話をAGA+が解説します。
    同じAGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)とはどう違うのでしょうか?

    AGA治療薬「ザガーロ(デュタステリド)」の効果

    ザガーロ(デュタステリド)は、プロペシア(フィナステリド)と同じくAGA治療に効果がある、5αリダクターゼ阻害薬に分類されます。

    フィナステリドと同様に、デュタステリドはAGA発症要因となる「5αリダクターゼ」を阻害し、脱毛の原因になる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制する効果を持つ医薬品成分です。

    デュタステリドは成分名で、ザガーロが薬品名です。

    ザガーロに配合されているデュタステリドが、AGA治療に効果的な成分として正式に認められています。

    もう一つのAGA治療薬「プロペシア(フィナステリド)」の本当の話はこちらから
    AGA治療におけるプロペシア(フィナステリド)の効果

    ザガーロ(デュタステリド)の効果とあわせて知っておきたい「AGAによる脱毛の仕組み」

    AGA治療に有効な成分「デュタステリド」の効果と併せて知っておきたいのが、「AGAによる脱毛のメカニズム」です。

    髪の毛には、成長し抜けるまでに一定の周期があります。

    髪のサイクル(毛周期)

    • 成長期:毛髪が活発に成長する
    • 退行期:毛髪が退行する
    • 休止期:毛根の毛包胚芽細胞が再生し、新たに毛髪が作られる
    通常、成人の髪の毛は1日に50本〜200本程度が抜けていくのですが、男性ホルモンには前頭部および頭頂部の毛髪の成長サイクルを短くする効果があります。

    頭髪は、成長期が2〜4年程度、退行期が1ヶ月程度、休止期が5ヶ月程度で1,000日から2,000日の毛周期を繰り返します。

    しかし、AGAの方は、前述したジヒドロテストステロンが正常なサイクルを阻害し、成長期を短縮してしまいます。

    結果として太く長い髪の毛が育たず、短く細い毛髪となる軟毛化現象を引き起こします。

    そして最終的に、皮膚表面から毛髪が出現しなくなってしまうのです。

    デュタステリド及びフィナステリドは、ジヒドテストステロンの発生要因となる「5αリダクターゼ」を阻害する効果がある薬なのです。

    フィナステリドの3倍の阻害効果を持つデュタステリド

    AGAの原因となる5αリダクターゼ2型を阻害するフィナステリドに対し、デュタステリドは2型のみならず5αリダクターゼ1型も阻害する効果があります。

    加えて、デュタステリドは5αリダクターゼ2型を、フィナステリドの約3倍も阻害する効果があります。

    デュタステリドはフィナステリドよりも強力にジヒドロテストステロンを抑制するため、AGAへの強い治療効果が望めます。

    AGA治療薬「ザガーロ(デュタステリド)」の効果が現れるまでの期間は?

    ザガーロを1日1回で服用し続けた結果、12週と24週でAGA治療における効果が現れた例が報告されています。

    飲み方はプロペシアと同様、1日1回の内服で問題ありません。

    ザガーロは、AGA治療で服用開始してから半年での効果判定が必要とされています。

    個人差がありますが、効果が早い方は12週でもザガーロの効果が出現することがあります。

    AGA治療薬「ザガーロ(デュタステリド)」の副作用は?

    ザガーロに含まれているデュタステリドの副作用には、プロペシアのフィナステリドと同様、リピドー減退、勃起不全、射精障害などが挙げられます。

    しかし追加の試験ではデュタステリドによる精子濃度および精子の形態異常は認められず、また精子の減少はあっても正常範囲内であったという検証結果が報告されています。

    その他にも、デュタステリドは肝臓機能への影響が報告されています。

    頻度は1.5%ほどと言われています。

    ですので、もともと肝機能に不安を抱えている方や、少しでも心配な方はAGA専門病院の医師に相談することを強くおすすめします。

    AGA治療にプロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)の併用は効果的?

    プロペシアとザガーロの併用は一般的ではありません。

    プロペシアを連日投与、加えてザガーロを週1回投与をした場合にはプロペシア単独よりも効果はありますが、ザガーロを連日投与した場合より効果は乏しいとされています。

    そのため最新のAGA治療では、併用を行うよりもデュタステリドに変更することが効果的だと推奨されることもあります。

    ザガーロ(デュタステリド)利用の注意点

    ザガーロ利用の注意点は、基本的にはプロペシアと同様です。

    個人輸入ではなくAGA専門病院の医師に処方されることが前提となります。

    ザガーロは男性型脱毛症に効果的な医薬品のため、女性や20歳以下の若年者は内服できません。

    また、ザガーロの内服中は輸血ができないため、輸血をする1ヶ月以上前に医師に相談しましょう。

    加えて、ザガーロに含まれている成分のデュタステリドが、前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA値を低下させますので、検診時には必ず医師に報告することをおすすめします。

    ザガーロ(デュタステリド)使用の注意点

    • ザガーロとプロペシアと併用での効果は確認されていないので、併用はしない
    • 女性や20歳以下の若年者は内服できない
    • 経皮吸収してしまうのでカプセルを開けたり、錠剤を砕いたりしない
    • 内服中は輸血ができないので輸血をする1ヶ月以上前に医師に相談
    • 前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA値を低下させるので、検診時には必ず医師に伝える

    ザガーロ(デュタステリド)は個人輸入せず、必ず医師の処方のもと服用を

    ザガーロは医薬品です。必ず医師の処方のもとに服用しましょう。

    近年はインターネットで海外製のザガーロや、その他の国内未認可のデュタステリド配合の薬を購入できるようになっています。

    しかし、個人輸入のデュタステリド配合薬には、効果がない偽物が非常に多く出回っているという問題があります。

    副作用とは別に、偽物のデュタステリド配合薬は効果がないだけでなく、体調不良を招くケースも報告されています。

    医薬品の個人輸入が認められるケース

    • 外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合
    • 海外からの旅行者が常備薬として携行する場合
    また、実際に毎日AGA治療に携わっている専門病院の医師に相談することで、病院の治療実績や患者の年齢、AGA進行状況に合わせた情報を得ることができます。

    デュタステリドの効果、副作用に関する相談も含め、まずはAGA治療専門クリニックの医師に相談することをおすすめします。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加