AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
女性美容師に「ハゲたお客さんのことどう思ってるの?」って聞いたら期待以上にぶっちゃけてくれた アイキャッチ画像
    美容師

    2018年08月28日 更新

    女性美容師に「ハゲたお客さんのことどう思ってるの?」って聞いたら期待以上にぶっちゃけてくれた

    髪の毛の専門家であり、接客のプロである美容師さん。しかし、彼女たちも人間です。担当するお客さんがハゲていたとき、心の中では正直いろいろ思っているはず。今回は、なかなか聞けない本音を2人の女性美容師に聞いてきました。

    今回取材をOKしてくれた美容師さん

    「担当するお客さんががっつりハゲてたとき、心の中でどう思っているのか取材させてください!」という、美容師側に一つもメリットがない依頼を、「私たちでよければ」と快くOKしてくれた天使のようなKさんとMさん。

    Kさん
    最近はテレビを中心にヘアメイクとして活躍中。

    Mさん
    大手サロンに勤務。マットなカラーが得意。

    さっそく、疑問に思ったことを彼女たちにぶつけてみました。

    そもそも、美容院にハゲ来ます?

    今回話を聞いた女性美容師は、2人とも都会の真ん中にあるおしゃれなサロンにお勤め。

    そんな彼女たちのもとに、果たしてハゲた男性客など来るのかと不安に思ったんです。

    あ、来ますよ! むしろ定期的に通ってくださる方が多い。

    わかる! ハゲの人こそめっちゃ来る!


    めっちゃ来てた!!!


    無事、ハゲがおしゃれサロンにめっちゃ来てることがわかったので、ここから具体的に聞いていきます。

    ちなみに今回は完全匿名を条件に取材しているため、好感度を気にしたり批判を恐れたり一切していない、女性美容師たちのガチの本音がガンガン出てきます。

    一部残酷なシーンが含まれるので、ご了承ください!


    ハゲってどんなオーダーするの?

    髪の毛が少ないので、物理的にできることが限られているはず。

    そんなハゲた男性たちの、オーダーあるあるは何なんでしょう。

    ハゲだってパーマかけたい

    意外かもしれないんですけど、「パーマしたい」っていうオーダーは多いですね。

    え、どこに巻く髪があるの?って感じなんだけど(笑)。

    わかる!

    でもハゲのパーマは大歓迎!
    巻く髪が少なくて、楽ちんだから♡(笑)


    歓迎されてる理由がつらい。笑


    「ボリュームを出したい」っていう理由でパーマかけたがる人が多いんですよ。

    でも正直、パーマは頭皮とか髪に与えるダメージが多いから、あんまりしてほしくないですね。

    なんか美容師らしくお客さんを気遣うコメントもしてくれてるけど、辛辣なコメントがインパクト大きすぎて全然入ってこない。天使だと思ってたのに。

    ハゲだってカラーを楽しみたい

    パーマはいいけど、ハゲのカラーはまじで色々しんどいから、できるだけオーダーしないでほしい・・・。

    超わかります〜!!!

    髪の毛が薄い場合、頭皮にカラー剤がつかないように塗るのかなりめんどくさいんですよね。

    あと、薄毛を目立たなくするためにめっちゃブリーチして金髪にしようとする人とかもツラい。

    「いや、もうハゲなんだから悪あがきすんなよ!」って(笑)。


    まだ諦めたくないんだよ!!!!(泣)


    ハゲあるある:ハゲのシャンプーは範囲見失いがち

    ハゲてる人のシャンプーって、どこまでが頭皮でどこからが顔面か見極めるの超難しいんですよ!

    それ!!!生え際の見極めが難易度高い。

    でも、「たとえ今ハゲていても、お客様にとってはそこに髪があった感覚がある。だからそこまでしっかり洗いなさい」って教えられたから、がんばってる。

    そう、ハゲのシャンプーは想像力が大事。

    そこに髪はないけど、あるの。


    すごい、哲学み出てきた。


    ハゲあるある:ハゲはヘッドスパやりがち

    ハゲ、美容院でヘッドスパやりがち説(笑)。

    高確率でしていきますね。

    「あぁ、やっぱり気にしてるのかなぁ」って思いながら丁寧にマッサージします。

    心の中で祈りながら・・・。


    祈り????????


    私も祈りながらマッサージする!!!

    「きっとここに髪の毛が生えてたんだろうなぁ。また生えてきますように。効きますように!」って気持ちこめてマッサージします。


    この人たち、煽ってんの? 優しいの?


    ハゲのお客さんが来たとき、困ることって何?

    毛量が少ないことで、何か施術に違いが出るはず。

    ハゲならではのトラブルはあるんでしょうか?

    ムチャぶりすぎるオーダー

    「こういう風にしてほしい」っていう写真を持ってきてもらうとこっちとしてはイメージがわかりやすくて、すごい助かるんですけど

    「どう頑張ってもこうはならないでしょ」っていう写真を持ってこられると・・・(笑)。

    玉ねぎだけ渡されて「カレー作って!」って言われてるような感じですからね。

    技術とか努力以前に、材料がない!!!っていう(笑)。


    ちょっと毛先で遊びたいだけで、ムチャぶり扱いされるの、しんどい。


    「ハゲ宣言」をするハゲ

    「俺、ハゲだからさ〜」とか「最近ハゲてきちゃったんですよ」とか言われると、本当にリアクションに困るからやめてほしい(笑)。

    「ハゲてますね〜!」とは絶対言えないし、「全然ハゲてないですよ〜!」って大嘘つくのも微妙な気がするし・・・。


    え、実際心の中では、どう思ってるんですか?


    「しっかりハゲてますね」


    (  ˙-˙  )


    ちなみに「ハゲ宣言」してくるのは、やや薄いかなってレベルの人。

    本格的にハゲてる人は、自分から「ハゲてる」とは言わない人が多い気がします。


    なんかこれは、すごくわかる気がする!


    ハゲが美容院に行ったら気をつけるべきこと

    なんかずっとケチつけられてつらくなってきました。

    ハゲが美容院でケチつけられないために、何か気をつけるべきことあります?


    大前提として、美容師ってお客さまのこと大好きなんですよ。リアルに、「全員に笑顔になってもらいたい」って思って接客してます。

    だからハゲていることを気にしすぎず、普通に来てもらえれば嬉しいかな。

    あと、「とにかくボリュームが欲しいから傷んでもいいのでパーマしたい」とか「頭皮をいたわりたいからスパしてみたい」とか伝えてほしい。

    何でも気軽に相談してもらえれば、美容師はいっしょになって考えるので、安心して全部話してほしいです!

    ほんとそれ。「お客さま大好き♡」な美容師が多いよね。

    強いて言えば、「頭頂部が薄いのが気になる」とか具体的に気になるところを挙げてくれると嬉しい!

    そうすれば、カバーする髪型の提案をしたり、いろいろ相談しながら進められるので。

    美容師は髪型のお医者さんみたいなものだから、プライドは捨てて悩みを素直に相談してほしいです!


    なんだかんだ、やっぱり天使だった・・・。


    ただし、ハゲはハゲなんだから、鏡としっかり相談して、無理難題を言わないこと!


    ありがとうございました!!!!!!!!!!!!


    ※ 本記事は、実際に現役の美容師に取材し制作されたものですが、美容師の総意ではありません。あくまで個人的な見解ですので、予めご了承ください。
    ※ 人物写真はイメージです。

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー