生える人をふやす

    2017年09月04日 更新

    危険? 効果的? AGA治療の有効成分「デュタステリド(ザガーロ)」の副作用を徹底解説

    AGA治療薬の服用を検討するにあたって気になるのが、ザガーロに含まれる成分「デュタステリド」の副作用です。ネット上には、さまざまな情報が溢れていますが、どれが本当の話なのでしょう? AGA+では、デュタステリド(ザガーロ)の副作用について正しく解説します。

    デュタステリド(ザガーロ)の効果

    フィナステリドよりも効果が期待できるデュタステリド(ザガーロ)の副作用は?

    デュタステリド(ザガーロ)の副作用を説明する前に、まずはデュタステリドが持つ効果について簡単におさらいしておきましょう。

    デュタステリドはAGA(男性型脱毛症)の進行を抑制する成分です。

    デュタステリドは男性型の抜け毛の原因である5αリダクターゼという物質の活動を阻害する効果のある医薬成分で、「ザガーロ」という名称でAGA治療薬として承認・販売されています。

    効果についてのより詳しい解説はこちらの記事からどうぞ。

    デュタステリドは、同じく代表的なAGA治療薬として知られるフィナステリドの3倍の効果を持つAGA治療薬だと言われ、AGAへの強い治療効果が望めます。

    デュタステリド(ザガーロ)の副作用とは

    デュタステリド(ザガーロ)の副作用について

    デュタステリドは医薬品であるため、副作用があります。

    デュタステリドの副作用としては、「性欲減退」など、性機能に対する副作用が代表例として挙げられます。

    しかし、追加の試験ではデュタステリドによる精子濃度および精子の形態異常は認められず、また精子の減少はあっても正常範囲内であったという検証結果が報告されています。

    デュタステリド(ザガーロ)の主な副作用

    • 性欲減退(3.9%)
    • 勃起不全(4.3%)
    • 精液量の減少(1.3%)

    デュタステリド(ザガーロ)の性機能に関する副作用① 性欲減退

    デュタステリドの試験では、約4%の方にデュタステリドの副作用である性欲減退が報告されています。

    性欲減退は、デュタステリドの副作用として主要な例の1つです。この副作用の確率が高いと判断するか低いと判断するかは人それぞれですが、覚えておきましょう。

    デュタステリド(ザガーロ)の性機能に関する副作用② 勃起不全

    デュタステリドの副作用としては、「性欲減退」の副作用と並び、「勃起不全」も挙げられます。

    デュタステリドによる「勃起不全」の副作用発生確率は、デュタステリドによる「性欲減退」とほぼ一緒の約4%とされています。

    デュタステリド(ザガーロ)の性機能に関する障害③ 精液量減少

    デュタステリドの代表的な副作用としては、先述の「性欲減退」「勃起不全」に加え、精液量の減少もデュタステリドの性機能に関する副作用として報告されています。(発生率約1%)

    デュタステリド(ザガーロ)に関するその他の副作用

    上記のようなデュタステリドの副作用よりさらに頻度が低いものの、「肝臓機能低下」の報告もあります。頻度は1.5%程だと言われています。

    肝機能に関する副作用は、摂取者の肝臓機能によって影響の出方が大きく左右されます。

    もともと肝機能に不安を抱えている方や少しでも心配な方はAGA専門病院の医師に相談することを強くおすすめします。

    デュタステリド(ザガーロ)が与える女性への影響

    妊娠した女性は服用だけでなく、デュタステリド(ザガーロ)に触れることも絶対にNG

    デュタステリドは、AGA成人男性にのみ適応する治療薬です。

    妊婦にデュタステリドを投与した場合、薬理作用(ジヒドロテストステロンの低下作用)により、胎児の生殖器官等の正常な発育に影響を及ぼす危険性があります。

    また、デュタステリド成分に女性が皮膚で触れることも危険です。

    通常、ザガーロ錠剤は表面がコーティングされているので、割れたり砕けたりして中身が露出しない限り、有効成分に接触することはありません。

    とはいえ、万一割れた錠剤に妊娠した女性が触れてしまった場合は胎児に影響が出ることもあります。

    デュタステリド錠の管理をする際は妊婦が触れることのないように気をつけ、錠剤を割ることは避けましょう。

    デュタステリド(ザガーロ)が与える妊娠への影響

    デュタステリド(ザガーロ)を女性が服用することは基本的にNG

    デュタステリドを女性が摂取することは危険ですが、デュタステリドを服用中の男性との性交渉を通じてできた胎児に影響があったという事例は報告されていません。

    男性被験者(男性がデュタステリドを内服中)をパートナーに持つ女性が妊娠した報告もありますが、その際には胎児への影響は認められませんでした。

    デュタステリドの服用期間中に子づくりを考えている方は、念のため医師に相談するといいでしょう。

    デュタステリドの個人輸入は危険!

    デュタステリドに限ったことではありませんが、医薬品には副作用があります。必ず医師に相談のうえ、適切な処方を受けてから使用しましょう。

    最近は、インターネット上で簡単に安価なデュタステリドを個人輸入できるようになっています。

    しかし、個人輸入のデュタステリドは偽物が非常に多く出回っており、副作用の問題とは別に、偽物の薬を服用したことにより体調不良を招いたケースも報告されています。

    医薬品の個人輸入が認められるケース

    • 外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合
    • 海外からの旅行者が常備薬として携行する場合
    医薬品の個人輸入が認められるのは以上の場合です。

    ザガーロ等、AGA薬の服用には、必ず医師の診断を受けて正規の方法で入手しましょう。

    まとめ

    デュタステリド(ザガーロ)を服用する前に医師に相談!

    ここまで、デュタステリドの副作用を解説してきました。

    ザガーロの承認審査時に行われた試験結果によると、デュタステリド服用で副作用が出る確率は17%程度です。

    フィナステリド錠に比べ副作用の発生確率が高いため、服用の際は医師とよくコミュニケーションを取ることを強くおすすめします。

    副作用の情報も教えてくれる「AGA専門」のクリニック

    デュタステリドの副作用として報告されている例は、性機能に関する症状が主です。男性にとってはデリケートな問題なので、不安になる方も多いでしょう。

    医師に相談をすることで、デュタステリド以外にも、「治療用の医薬品はどういった人に副作用が発生するのか?」「自分の場合はどうなのか?」といった副作用発生情報を得ることができます。

    また、デュタステリドの副作用に関する相談以外にも、服用中の体調変化をAGA専門クリニックの医師に相談しながら治療を進めていくことがAGA治療では非常に重要です。

    まずは、実際に毎日AGA治療に携わっているAGA専門クリニックの医師に相談しましょう!


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加