生える人をふやす

    2017年11月07日 更新

    フケが最近気になるような……フケが薄毛の原因に?

    頭皮環境の乱れからくる“フケ”。もしかすると、それは薄毛の予兆かもしれません。
    フケの原因と正しい対処を知り、薄毛の原因・リスクを少しでも減らしましょう。

    フケは薄毛の原因に? 実は2パターンある乾性のフケ・脂性のフケ

    フケが出ているのは、主に頭皮環境の悪化等が原因。

    頭皮環境の悪化は、健康な毛髪の成長を妨げ、薄毛の原因にもなるおそれがあります。

    この頭皮環境の悪化が原因で起こるフケには、乾性フケ脂性フケの2種類が存在します。

    2つのフケが薄毛にどう関係するのか詳しくみていきましょう。

    フケにまつわる「本当の話」①:乾性フケと薄毛の関係とは

    乾性フケは、パラパラと乾燥したフケのことで、頭皮の皮脂不足から来る乾燥や、頭皮のターンオーバーの乱れが原因と言われています。

    「頭皮のターンオーバー」とは、表皮が新陳代謝することを意味し、新しい皮膚に代わって古い皮膚が垢となって排出されること。

    この乾性フケが進行すると、頭皮を塞ぐほどのフケが発生する「粃糠(ひこう)性脱毛」と呼ばれる脱毛症を引き起こすおそれがあります。

    また、乾性フケを引き起こす頭皮は“かゆみ”をともなうこともあり、このかゆみを我慢できずに掻いてしまうと頭皮が傷つき、フケを増やす原因にもなりかねないのです。

    体質に合わないヘアケア商品の使用や、季節の変わり目、紫外線などの影響を受けやすいのも乾性フケの特徴です。

    1日に何度もシャンプーをしたり、頭皮に合わないヘアケア製品を使ったりすることは、頭皮の乾燥を招きかねません。

    フケにまつわる「本当の話」②:脂性フケと薄毛の関係とは

    脂性フケとは、ベタベタと脂っぽいフケのことで、皮脂の過剰分泌とカビの一種である“マラセチア菌”の繁殖によって発生すると言われています。

    皮脂の過剰分泌の原因として考えられているのは、偏食や脂っこい、脂質の多い食事などによる食生活の乱れ。

    乱れた食生活の長期化、頭皮の皮脂が過剰に分泌されている状態が続くと、菌の活動が活発になってしまい、「脂漏(しろう)性皮膚炎」を招く可能性があります。

    また、脂漏性皮膚炎はニオイや頭皮の赤み、かゆみをともなったり、場合によっては薄毛の原因にもなりえると言われています。

    脂漏性皮膚炎は自然治癒が難しいと言われ、この脂漏性皮膚炎にともなう異常が頭皮にとって悪影響なことは確かでしょう。

    【薄毛対策】乾性・脂性パターンごとにフケを予防する

    フケ・頭皮環境について見直すことも、薄毛の原因を少しでも減らす上で大切。

    ここからは、乾性・脂性フケの正しい対処法を紹介します。

    【薄毛の原因を作らない】乾性フケの予防・対策

    乾性フケが気になる人は、まず、使用するシャンプーを見直してみましょう。

    頭皮に合わないシャンプーや洗浄力が強すぎるものは、頭皮の乾燥、結果として乾性フケを発生させてしまいかねません。

    洗浄力は、シャンプーに含まれる“界面活性剤”の種類によって異なります。

    頭皮の乾燥、乾性フケが気になる人には、アミノ酸系のシャンプーがおすすめ

    頭皮の油分を適度に残すことで、頭皮の乾燥を防ぎ、乾性の発生を抑えることができるでしょう。

    その他にも、保湿効果のあるヘアケア商品の使用も、頭皮の乾燥を予防、頭皮環境の整備に効果が期待できます。

    【薄毛の原因を作らない】脂性フケの予防法・対処法

    皮脂の過剰分泌とマラセチア菌の増殖が重なることで、脂性フケは発生しやすくなります。

    脂性フケが気になる人は、「ミコナゾール硝酸塩」が配合されたシャンプーを使用するのがいいかもしれません。

    ミコナゾール硝酸塩が持つとれさる抗真菌作用により、脂性フケの発生を抑える効果が期待できるでしょう。

    それでも改善の効果が感じられない場合は、AGA専門クリニック等で処方される「ケトコナゾール」配合のシャンプーを検討しましょう。

    ケトコナゾールは真菌の発育抑制、抗真菌作用を持ち、脂漏性皮膚炎に効くことがわかっています。

    また、脂っこい食事ばかりになってしまっていると、皮脂の分泌量に悪影響を及ぼす可能性があるため、脂質の摂取量を抑え、バランスのとれた食事を心がけましょう。

    早めの対策がフケ防止・薄毛予防につながる

    早めの対策が薄毛予防につながる

    フケが出てしまったときは、乾性・脂性なのかを見極めた上で、それぞれにあった対処が必要です。

    フケに対する適切な対処をはじめ、頭皮環境を健康に保つことは、薄毛の原因を作らないためにも大切なこと。

    薄毛の多くは“進行性”という特徴を持ちます。

    少しでも気になる点があったら、先手で薄毛・フケ対策を打つことが大切でしょう。

    早めの診察が薄毛の原因リスクを減らす“かなめ”

    しかし、自身で行う薄毛・フケ対策には限界があります。

    また、フケが出なくなったとしても、薄毛が改善されるわけではありません。

    頭皮環境を整えることは薄毛改善の第一歩へとつながりますが、確実に薄毛を予防・治療するためには、AGA専門クリニックでの薄毛治療が絶対必要です。

    AGA専門クリニックでは、カウンセリングを基本無料で行なっています。

    今の頭皮環境や薄毛の状態を知ることが、今後、より効果的な薄毛対策をする上で重要になるでしょう。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加