生える人をふやす

    2017年09月07日 更新

    「育毛剤」は本当にハゲ・薄毛の治療に効果を及ぼすのか?

    男性型脱毛症「AGA」というハゲの病気。ハゲを治療するために、まず最も身近な「育毛剤」を手に取ることが多いのではないでしょうか。しかし、育毛剤に含まれる成分はさまざまで、まずはそれらの違いを知ることが大切でしょう。そして、育毛剤はハゲの治療にどんな効果を持つのでしょうか。

    そもそも“育毛剤”って何?

    育毛に“よいとされる成分”を含んだもの

    そもそも育毛剤とは、育毛によいとされる医薬品以外の成分を含んだものの総称。

    この育毛剤は、頭皮の環境を整え、抜け毛の予防、頭皮の健康を保つために販売されています。

    育毛剤は髪の毛が成長しやすい環境を整える

    育毛剤には、髪の毛に必要な栄養分を補う効果・役割があります。

    髪の毛は、毛乳頭の周りにある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長しますが、毛母細胞が分裂するためには毛乳頭から栄養分を受け取らなければなりません。

    育毛剤は、毛細血管を通じて栄養分を毛乳頭へと与え、毛髪の成長にとってよい環境を作っているのです。

    育毛剤に含まれる主な成分と効果

    育毛剤は、含まれているさまざまな成分の効果によって、頭皮環境を整えてくれます。

    育毛剤を使って頭皮環境を整えることは、ハゲ・薄毛を予防する上で大切なこと。

    しかし、育毛剤の効果は含まれている成分によって異なるため、それぞれの成分と効果の違いを理解しておくことは、育毛剤を使用する上で重要と言えます。

    育毛剤に含まれる主な成分

    • 血行促進効果を持つ成分
    • 毛母細胞を活性化させる成分
    • 殺菌作用を促す成分
    • 栄養補給ができる成分

    血行促進効果を持つ成分

    健康な毛髪の成長に必要とされるさまざまな栄養素は、血液によって頭皮、髪の毛まで運ばれます。

    頭皮、毛髪の栄養が不足していれば、健康な毛髪の成長が妨げられかねません。

    育毛剤の多くには、塩化カルプロニウムという血行促進効果を持つ成分が含まれています。

    そのほかにも、リンドウ科の植物センブリから抽出されたセンブリエキス、昆布やワカメなどの褐藻類の粘膜質に多く含まれるM-034には血行促進効果があると言われています。

    毛母細胞を活性化させる成分

    髪の毛は、毛根の内側にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長します。

    育毛剤に含まれる成分の中には、毛母細胞そのものを活性化させると言われるものがあります。

    ビタミンB6ビタミンHなどは、主に新陳代謝を活性化する作用によって、毛母細胞の活性化、細胞分裂を促す効果があると言われています。

    また、血液浄化作用を持つとされるチクセツニンジンや、育毛の促進効果が期待できるペンタデカン酸グリセリドも、毛母細胞を活性化させる効果を持つと言われる成分です。

    殺菌作用を促す成分

    イソプロピルフェノールヒノキチオールといったアルコール成分は、殺菌作用によって頭皮全体を清潔に保つ効果が期待できます。

    髪の毛が健康に育つためには、頭皮の健康とともに清潔さが重要です。

    栄養補給ができる成分

    育毛剤の主な役割は、毛母細胞に栄養を与えて髪の毛の環境を整えること。

    そのため、毛髪の成長や育毛に関わる栄養・成分も知っておくと望ましいです。

    毛髪の構成物質「ケラチン」への変換を助ける亜鉛や、毛髪の元素を多く含むアセチルメチオニンは毛髪が成長する上で、よい影響を与えてくれるかもしれません。

    まとめ

    育毛剤の「本当の話」......育毛剤でAGA(男性型脱毛症)は治らない!

    もちろん、育毛剤に含まれるさまざまな成分によって頭皮環境を整えることは大切です。

    しかし、
    育毛剤だけではAGAや薄毛の根本的な治療には至りません。

    科学的根拠に基づき、効果的なAGA治療についてまとめられた男性型脱毛症診療ガイドラインでは効果的なAGA治療について5段階で評価しています。

    効果的なAGA治療のランク

    • ランクA(行うよう強く勧められる)
    • ランクB(行うよう勧められる)
    • ランクC1(行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない)
    • ランクC2(根拠がないので勧められな)
    • ランクD(勧められない)
    市販の育毛剤は、評価で言うとランクC1〜C2に該当し、効果的なAGA治療としては勧められていません。

    AGAや薄毛を治すためには、育毛剤を使って頭皮環境を整えるとともに、AGAや薄毛の主原因である男性ホルモンの働きを抑制しなければなりません。


    「男性型脱毛症診療ガイドライン」で推奨されている治療について、詳しく知りたい人はこちら。
    【ハゲ薄毛】結局何が効果的? 科学的根拠のあるAGA治療法はこれだ

    めざせ「ヘア充」! AGA専門のクリニックで効果的な治療を!

    男性ホルモンの働きを抑制するには、AGA専門のクリニック等で処方される、AGA治療薬「プロペシア」や「ザガーロ」の服用が推奨されています。

    また、「ミノキシジル」の外用薬も効果的とされ、5%ミノキシジル外用液が外用療法の第一選択薬として推奨されています。

    もちろん、育毛剤を使うことで、頭皮環境を整えることはヘア充への近道の1つです。

    しかし、AGAの改善を目指すのであれば、まずAGA専門クリニックでの検査・治療が必要不可欠。

    より効果的に育毛剤を使うためにも、まずは一度、AGA専門クリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加