生える人をふやす

    2017年09月07日 更新

    抜け毛の原因は男性ホルモンと毛周期に関係あり! 早めにAGA治療を

    AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが原因となり、抜け毛を増やしてしまう病気です。抜け毛は早期治療1つで大きく改善することが可能です。
    今回のAGA+では、「抜け毛が増えてきた」「最近、薄毛が気になる」と感じている人が気になるAGAについて解説します。

    抜け毛にまつわる「本当の話」とは

    薄毛・抜け毛の原因を知る前に、毛が抜けるメカニズムを理解しておきましょう。

    抜け毛の原因についての正しい知識を身につけることは、効果的な抜け毛・薄毛治療につながるはずです。

    抜け毛の仕組み①:毛周期とは

    抜け毛の原因・仕組みを理解するにあたって、「毛周期」を知っておく必要があります。

    毛周期とは、髪の毛が成長して抜け落ちるまでの一定の周期のこと。

    健康な人ならば、成長期が2〜4年程度、退行期が1ヶ月程度、休止期が5ヶ月程度で1,000〜2,000日の毛周期を繰り返します。

    抜け毛の仕組み②:毛周期の構造

    成長期の早期では、毛根の根元にある毛母細胞が活性化することで、髪の毛が成長します。

    そして、成長期の後期にかけて太く、長い髪の毛に成長していきます。

    しばらく経つと、細胞の自然死(アポトーシス)によって毛母細胞の細胞分裂が減少していく退行期に。

    細胞分裂が完全に停止する休止期に入ると、古い髪の毛は新たに生成した髪の毛に押し出されます。

    これが髪の毛が抜けていく仕組みです。

    これらのプロセスを繰り返すことで、髪の量や頭皮環境を保っているのです。

    抜け毛の仕組み③:回数に限りがある毛周期

    一見、毛周期はある程度同じ時期に繰り返されているように感じられます。

    しかし、髪の毛1本1本によって毛周期の時期や長さは異なっているのです。

    また、一生のうちに起こる毛周期の回数は限られています。

    そのため、正常な毛周期を維持することが、将来的な薄毛・抜け毛に大きく影響します。

    AGA(男性型脱毛症)による抜け毛

    ここからは、抜け毛が増える原因が何なのか探っていきます。

    “抜け毛”と一言で言っても、たくさんの症状・原因があります。

    その中でも、「AGA」は、成人男性が発症している抜け毛の多くを占めていると言われているのです。

    AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモン

    成人男性の3分の1にあたる約1,200万人が薄毛・抜け毛に悩み、そのほとんどがAGAと言われています。

    AGAの主原因は、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」です。
    ジヒドロテストステロンは、先ほど説明した毛周期を最短で100日程度に短縮してしまうことも。

    毛周期が短縮されることで、細く短い髪の毛が増え、抜け毛の量が多くなってしまうのです。

    そのため、AGAを改善するためにはジヒドロテストステロンを抑制する必要があります。

    ジヒドロテストステロン(DHT)を生成する「テストステロン」と「5αリダクターゼ」

    そもそもジヒドロテストステロンは、胎児の男性器を発達させる重要な働きを持っている男性ホルモン。

    ジヒドロテストステロンは、「テストステロン」と「5αリダクターゼ」が結びつくことで生じます。

    テストステロンは生殖器の増大や性欲の増加、骨格・筋肉の成長などに作用する重要な男性ホルモン。

    5αリダクターゼは、髪の毛を含んだ全身の体毛に存在する還元酵素です。

    2つの物質が結びつくことは、ジヒドロテストステロンを生成し、髪の毛にとってはマイナスに働いてしまいます。

    薄毛・抜け毛の原因ジヒドロテストステロン(DHT)とは

    • 胎児の男性器を発達させる男性ホルモン
    • 男性ホルモン「テストステロン」と還元酵素「5αリダクターゼ」が結びつくことで生成

    抜け毛を防ぐために早めのAGA治療を

    このようなAGAによる抜け毛を防ぐためには、“早期治療”が重要となってきます。

    ここでは、なぜ早期のAGA治療が重要なのか、2つの理由を説明します。

    早期治療の重要性①:AGA(男性型脱毛症)は進行性の症状

    1つ目の理由は、AGAが進行性の症状であること。

    AGAは放っておいても治ることはなく、髪の毛をむしばみ、抜け毛を増やしてしまいます。

    また、ゆっくりと進行していくため、自らの症状に気づかない場合も。

    「抜け毛が増えた」と感じたときには、かなり進行してしまっていたという例も少なくありません。

    早期治療の重要性②:毛周期の回数は無限でない

    2つ目の理由は、一生のうちに起こる毛周期の回数が決まっていること。

    先述した通り、毛周期の回数は限られています。

    AGAを放置してしまうと、一生分の毛周期を使い切るという、取り返しのつかない状況になってしまう可能性があるのです。

    抜け毛の原因を知り、早い段階でAGA治療を始めることで、20年後、30年後の髪の毛を残すことにもつながってくることを理解しておきましょう。

    まずはAGA専門クリニックで“抜け毛”の相談を

    ここまで抜け毛の原因や早期のAGA治療の重要性について説明してきました。

    しかし、抜け毛の原因やAGA治療の重要性を理解しても、自らの状況を判断することは難しいこと。

    正確な抜け毛事情を知るためにも、AGA専門クリニックで医師と相談をしてみましょう。

    また、抜け毛を自覚していない人も、早いうちからAGA専門クリニックで診療してもらうことで、将来的な薄毛・抜け毛を予防しておくことが重要です。

    何はともあれ、自分で髪の毛の異変を判断し、理解することは難しいものです。

    将来的な抜け毛・薄毛に不安を感じているのならば、AGA専門クリニックで相談してみましょう。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加