生える人をふやす

    2017年07月31日 更新

    【原因究明】ヘアワックスが抜け毛を助長すると言われるのはなぜ?

    世間でよく言われている「ワックス付けるやつはハゲる」という風潮。なぜワックスが抜け毛のリスクを高めると言われているのでしょうか。ワックスを付けると本当にハゲやすくなるのか。そもそもなぜワックスが抜け毛の原因になると言われているのか。今回はワックスとハゲにまつわる「本当の話」に迫っていきます。

    抜け毛が増える? 「ワックス=ハゲる」の原因

    なぜヘアワックスは、抜け毛の原因になると言われているのでしょうか?

    抜け毛を誘発する原因は「汚れ」と「ダメージ」

    ワックスを付けることが、抜け毛の原因になると言われる理由は主に2つあります。

    1つ目は、ヘアワックスに含まれている「界面活性剤」が髪の主成分であるタンパク質(ケラチン)を破壊し、髪の毛にダメージを与えていると言われているため。

    2つ目は、ワックスが地肌に付着し、ホコリなどの汚れが頭皮に付着しやすくなるためです。

    頭皮に汚れが付きやすくなることで、毛穴が詰まったり、頭皮がアレルギー反応を起こしてしまうなどのおそれがあります。

    ワックスが直接、抜け毛や薄毛の原因になるわけではありませんが、ケアを怠ると頭皮に悪影響を及ぼす可能性が高いのです。

    抜け毛を助長しているかも:こういう人は要注意

    ずばり、ワックスを長時間付けたまま放置してしまう人は要注意です。

    先に説明したように、ワックスに含まれる界面活性剤は、髪の毛のタンパク質を破壊すると言われています。

    ワックスを付けている時間が長ければ、それだけ髪の毛がダメージを受ける時間も長くなるため、抜け毛が増える原因になりえます。

    「疲れたからシャワーは明日の朝でいいや」とそのまま寝てしまう人もいるかもしれませんが、そこは眠気をぐっと我慢し、ワックスを洗い流してから就寝しましょう。

    しかし、何事もやり過ぎは禁物。

    ワックスを洗い流そうと思うあまり、シャンプーの回数が極端に多い人強い力でゴシゴシ洗う人も要注意です。

    たしかにワックスは落とせるかもしれませんが、このような誤ったシャンプーをくり返すと、かえって頭皮環境が悪化するおそれがあります。

    抜け毛を増やさない「正しいワックスの使い方」

    ではここから、正しいワックスの付け方や落とし方、髪の毛や頭皮ケアの仕方などを紹介します。

    「抜け毛が増えるのはイヤ」「でも髪の毛のセットにはワックスを使いたい」

    ヘア充生活に向けて、こうしたジレンマを解決しちゃいましょう。

    ワックスの付け方は、付ける位置がポイント

    ワックスを付けるときは、できるだけ頭皮を避けて、髪の毛だけに付けるようにしましょう。

    すでに説明したように、頭皮に直接ワックスを付けてしまうと、ワックスのベタつきによって頭皮や髪の毛に付着する汚れやホコリの量が増えます。

    これにより、毛穴の詰まりや頭皮の炎症などが起こりやすくなり、頭皮環境の悪化につながるのです。

    ちょっとした工夫ですが、習慣づけることで抜け毛のリスクを軽減できるかもしれません。

    ワックスの落とし方は、“洗い過ぎず”しっかり流す

    ワックスは付けたままにしても、洗い過ぎても抜け毛の原因になってしまいます。

    しかし、日々のスタイリングにワックスは欠かせないという人も多いでしょう。

    正しいワックスの落とし方を実践することで、抜け毛の軽減が期待できます。

    シャンプーをする前に“湯シャン”
    ワックスを洗い流すためとはいえ、シャンプーのし過ぎは頭皮環境を悪化させ、抜け毛を助長しかねません。シャンプーをする前に、ぬるま湯だけで行う“湯シャン”をするだけで、ほとんどのワックスや汚れが落ちます。

    シャンプーを用途によって使い分ける
    「1回目は泡立ちが悪いから、最低シャンプーを2回したい」という場合、1回目と2回目でシャンプーの種類を変えることで、頭皮への負担を軽減することができます。
    • 1回目のシャンプー
      ワックスをしっかりと落とすために洗浄力の強いシャンプーを使う
    • 2回目のシャンプー
      頭皮と髪の毛を優しく洗浄するために比較的洗浄力の優しいシャンプーを使う
    頭皮の乾燥を予防し、抜け毛の原因を作らないためにもゴシゴシと頭皮に爪を立てて洗うのは避け、毛先を中心に優しく洗いましょう。

    抜け毛を予防するシャンプーの方法はこちら

    ワックスを付けない休髪日を作る

    ワックスを付けた日は、その日のうちにしっかりとシャンプーでワックスを洗い落とすことはもちろんとして、ワックスを付けない休髪日を作ってみましょう。

    髪を休ませてあげることで、蓄積した髪や頭皮のダメージの回復が見込めます。

    頭皮環境が改善されることで、毎日のスタイリングもしやすくなるかもしれません。

    まとめ

    今回は、ワックスが抜け毛の原因になると言われている理由、抜け毛を予防するための方法について紹介しました。

    「ワックスがハゲる原因になる」という認識は、あながち間違ってはいませんでしたが、普段からしっかりとケアすれば、抜け毛を予防できるかもしれません。

    しかし、これらに気をつけて健康な頭皮を維持していても、他の原因で抜け毛が増え、薄毛になってしまうこともあります。

    「髪が最近うまくまとまらなくなった」「抜け毛が増えた気がする」という人は、一度お近くのAGAクリニックに行ってみることをおすすめします。

    1人で抱え込まず、薄毛や抜け毛の治療を専門に扱う医師に相談することが、解決への一番の近道です。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加