生える人をふやす

    2017年08月01日 更新

    AGA治療への第一歩! ハゲの検査とは何者?

    男性型脱毛症「AGA」の原因は、主に男性ホルモンと遺伝と言われています。ハゲる遺伝があるかどうかを調べるためには、AGA専門病院で検査を受けることが望ましいです。AGAの検査では、遺伝の有無だけでなく、自分にとって最適なハゲ・薄毛治療法、そう、「ヘア充への近道」も探すことができるのです。

    AGA(男性型脱毛症)やハゲは本当に遺伝する

    AGA(男性型脱毛症)やハゲの最も大きな原因は「男性ホルモン」

    AGA(男性型脱毛症)や薄毛などといったハゲの原因は、主に「男性ホルモン」と「遺伝」。

    「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが、体内で「5αリダクターゼ」と呼ばれる物質と結合することで「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。

    このジヒドロテストステロンが、髪の毛の持つ毛周期を早めることで、AGAという病気が進行してしまうのです。

    男性ホルモンに関連する遺伝がAGA(男性型脱毛症)やハゲを起こすかも?

    ハゲや薄毛の遺伝は、「体内の5αリダクターゼが男性ホルモンと結びつきやすいかどうか」が大きく影響していると考えられています。

    つまり、薄毛の遺伝子を持つ人は、男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつきやすいということなのです。

    ここで気になるのは「ハゲが遺伝する割合」ですが、ハゲが遺伝する確率は25%と言われており、およそ4人に1人の割合でしか遺伝しないと捉えることができます。

    したがって、ハゲや薄毛の原因は「男性ホルモンによる影響」が最も大きく、薄毛の遺伝は、あくまで「薄毛になりやすい」と捉えるのがよいでしょう。

    AGA(男性型脱毛症)の検査の目的とは?

    ハゲやすい遺伝があるか検査してみる

    5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつきやすい「AR遺伝子」について調べるのが、AGAにおける遺伝子検査の最も大きな目的。

    男性ホルモンとの結びつきやすさを検査することによって、男性ホルモンの活動具合やジヒドテストステロンの多さをはかり、ハゲやすい遺伝を持っているかどうかや、AGA治療薬の効きやすさを調べることができるのです。

    血液検査では生活習慣の乱れがハゲに影響するかどうかがわかる

    遺伝子検査だけでなく、生活習慣の乱れがハゲに繋がらないかを調べる血液検査もあります。

    血液検査は、AGAの専門病院で治療を受ける前に行われることが多く、食生活を中心に生活環境や賢・肝機能がハゲに影響しないかどうかを検査するのが主な目的です。

    また、男性ホルモン「テストステロン」の血中濃度を検査することで、AGAの原因となるジヒドロテストステロンが生成されやすいかどうかがわかります。

    AGA(男性型脱毛症)の遺伝子検査はどのように行われるか

    AGA(男性型脱毛症)の遺伝子検査は口内の粘膜や髪の毛を見るだけ!

    AGAの遺伝子検査は、いたって簡単な方法で行われます。

    髪の毛や口内の粘膜を採取することで、ハゲやすい遺伝子があるかどうかを検査することができます。

    遺伝子検査は基本的にAGAの薄毛専門病院で受けることができますが、病院に行かずとも自宅などで簡単に検査を行えるキットもあります。

    近くにAGAや薄毛専門病院がなかったり、忙しくて病院に足を運ぶ時間がない場合は、検査キットを活用してハゲの検査をしてみるのもよいかもしれません。

    遺伝子検査の結果は、病院や検査方法にもよりますがおおよそ1〜2週間程度で判明します。

    AGA(男性型脱毛症)の遺伝子検査は1回だけでOK

    薄毛に関する遺伝子検査の相場ですが、検査キットの場合は13,000円程度、病院で受ける場合はおよそ20,000〜30,000円程度の費用がかかります。

    ただし、遺伝子は変わるものではないので、1回の検査でハゲやすい遺伝子があるかどうかを知ることができると言われています。

    年齢や頭皮環境に関わらず、何回検査をしても結果は変わりません。

    AGA(男性型脱毛症)の遺伝子検査で薬の効果もわかる!

    AGA治療薬を使った場合の効き目も調べてくれる!

    AGAの原因である「5αリダクターゼ」の働きを抑える治療薬には、「プロペシア(フィナステリド)」と、プロペシアよりも効果のあると言われる「ザガーロ(デュタステリド)」という2つのAGA治療薬が挙げられます。

    遺伝子検査では、AGA治療薬である「プロペシア」や「ザガーロ」を使ったときに、どのような効き目があるのかを検査することもできます。

    遺伝子検査によって、ジヒドロテストステロンを生成しやすい遺伝の有無や生活習慣、頭皮環境などに応じた、患者一人ひとりに対し最も効果的なAGAや薄毛の治療法を見つけることができるのです。

    まとめ

    AGA(男性型脱毛症)の正しい治療法は遺伝子検査から始まる!

    AGAやハゲの病気を治療するためには、まずハゲの原因を検査した上で、適切かつ効果的なAGA治療法を実践する必要があります。

    遺伝子検査や血液検査は、自分に合った適切なAGA治療を見つけ出すための第一歩。

    自分に合った効果的なAGA治療こそが、ヘア充への近道と言えるでしょう。

    たとえハゲやすい遺伝子がなくても、生活習慣や、頭皮環境の悪化など、遺伝子や男性ホルモン以外の原因からハゲの病気を引き起こしてしまうことも考えられます。

    家系でハゲの人がいたりすることで、少しでも「自分、ハゲるんじゃないか......?」と感じたら、まずはAGAの専門病院で検査を受けてみることを強くおすすめします。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加