生える人をふやす

    2017年08月01日 更新

    【薄毛予防】ツバキ油で髪にツヤと潤いを与えハゲない頭に!

    薄毛予防のために、育毛剤やスカルプシャンプーによって髪の毛・頭皮をケアしている人は多いはず。
    今回のAGA+では、ツバキ油による薄毛・抜け毛の予防法を紹介します。
    ツバキ油を使うことで、髪の毛の美しさを保つだけでなく、薄毛予防への効果も期待できるでしょう。

    ツバキ油の本当の話:日本伝統のツバキ油が薄毛の予防につながる?

    ツバキ油とは、日本で古くから親しまれている、「ヤブツバキ」という植物の種子から採れる植物性の油です。

    ツバキ油には大きく分けて2種類の髪の毛にいいとされる成分が含まれています。

    薄毛予防に効くツバキ油の成分①:オレイン酸

    オレイン酸は、空気に触れても酸化しにくく、液体の状態(固化・乾燥しない)を保つ特徴を持っています。

    これは不乾性油と言われ、髪や肌に付けると油膜が肌を覆い、水分の蒸発を防いでくれます。

    ツバキ油の特徴の1つは、このオレイン酸の含有量の高さです。

    ツバキ油に含まれるオレイン酸の量は85%〜90%と言われており、オレイン酸の含有量は群を抜いています。

    人間の皮脂にも約40%オレイン酸が含まれており、皮脂の成分に似ているため肌に馴染みやすいことも特徴です。

    肌(頭皮)に優しく、頭皮を乾燥から守ってくれるため、薄毛予防に適しているとされます。

    薄毛予防に効くツバキ油の成分②:サポニン

    サポニンには殺菌作用・抗菌効果があると言われており、頭皮に付けることで頭皮環境の悪化の原因の1つである雑菌の繁殖を防ぐ見込みがあります。こうした頭皮環境の改善が、薄毛予防に一役買っているとされます。

    また、サポニンは水に溶けると石鹸のように泡立ち、汚れを落とす働きがあります。

    古来、ツバキ油の搾りカスをシャンプーに使用していたとの一説もあるように、頭皮や髪の健康を守るために日本人は古くから愛用していたようです。

    【薄毛予防】ツバキ油で頭皮の健康を守る

    このように、髪の毛と頭皮ケアに使われるツバキ油は、薄毛の予防にも効果があるのではないかと言われています。

    ここからは、ツバキ油を用いた髪の毛・頭皮ケアや薄毛予防について紹介します。

    【薄毛予防】頭皮マッサージ

    ツバキ油を使って、髪が乾いた状態の頭皮をマッサージしましょう。

    ツバキ油が頭皮全体に行き渡るよう指の腹で馴染ませながら、揉み込むようにマッサージをします。

    頭皮の血行促進効果が見込めるだけでなく、日中に付着した汚れや余分な皮脂を包み込んで洗い落としやすくしてくれる効果が見込めます。

    頭皮の健康を促進することで、薄毛予防が期待できます。

    【薄毛予防】ヘアパック(オイルコーティング)

    ツバキ油が髪の毛に馴染みやすくなるよう、乾いた髪の毛を最初にブラッシングしましょう。

    ツバキ油を髪全体(髪の痛みが気になる部分を中心)に塗布し、10〜30分ほど蒸しタオルなどで頭皮全体を包んでツバキ油を馴染ませます。

    そうすることで、しっとりと滑らかな指通りの髪に仕上がります。

    ヘアパックの場合、ツバキ油を染み込ませた髪を一旦ぬるま湯などで洗い落としてからシャンプーをするのですが、頭皮の乾燥が気になる場合、ツバキ油を付けたままでシャンプーすることをおすすめします。

    頭皮や髪の毛がツバキ油でオイルコーティングされることにより、シャンプーに含まれる界面活性剤の洗浄力を軽減し、シャンプーによる頭皮のダメージや乾燥を防いでくれるでしょう。

    しかし、頻繁にツバキ油による髪の毛のケアをしたり、長時間ツバキ油でヘアパックすることは、頭皮や髪の毛が脂っぽくなってしまうおそれがあるため、おすすめできません。

    頭皮や髪の毛が脂っぽくなることは、頭皮環境の悪化を招く可能性があり、薄毛の原因になってしまうかもしれません。

    ツバキ油によるヘアパックは、週1回程度を目安に行ってみましょう。

    【薄毛予防】トリートメント

    髪の毛や頭皮の乾燥など、パサつきが気になる人には入浴後にツバキ油でトリートメントをするのもおすすめ。

    お風呂上がりに髪をタオルドライした後、ツバキ油を手のひらにまんべんなく伸ばし、髪全体に馴染ませていきましょう。

    「髪の毛の傷みが激しい部分や毛先を中心に優しく付ける」のがポイントです。

    ツバキ油の量は、髪の毛の長さやボリュームなどによって微調整するようにしてください。

    付ける量が多過ぎるとベタつきの原因になり、薄毛予防どころか頭皮環境が悪化してしまうおそれもあります。

    まとめ

    今回は、日本が誇るヘアケアアイテム「ツバキ油」を使った薄毛予防法ついて紹介しました。

    頭皮の乾燥や頭皮環境の悪化、それにともなった雑菌の繁殖は、薄毛を助長してしまうおそれがあります。

    薄毛の原因を予防する1つの手段として、ツバキ油は一定の効果が期待できるかもしれません。

    さまざまな薄毛予防の手段は、「ヘア充」への第一歩にもなります。

    髪のダメージや頭皮の乾燥が気になっている方は、ぜひ一度ツバキ油による薄毛予防を試してみてはいかがでしょうか。

    しかし、ツバキ油を使ったからといって、髪の毛が生えることはありません

    あくまで、「薄毛予防法の1つ」として考えましょう。

    もし薄毛や抜け毛の予防・対策に悩んでおり、根本的な解決を望む場合は、AGA専門クリニックへの受診をおすすめします。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加