生える人をふやす

    2017年09月07日 更新

    【ハゲ予防】現状把握が予防の第一歩! ハゲる原因とハゲない方法

    男性にとって永遠の課題であろう「ハゲの予防」。ハゲ予防のためには、育毛剤や育毛シャンプーによるハゲ予防・対策のみではいけません。
    より効果的なハゲ予防のためには、現状の髪・頭皮状態を把握することが大切でしょう。ハゲ予防にまつわる「本当の話」を知って、早めの対策を心がけましょう。

    早めのハゲ予防が重要! その本当の理由は「毛周期」

    AGA(男性型脱毛症)は毛髪の生え変わるサイクルを乱す脱毛症

    現在、成人男性の3人に1人がハゲ・薄毛に悩んでいると言われています。

    そして、ハゲのほとんどがAGAと呼ばれる「男性型脱毛症」。

    このAGAによって引き起こされる症状が、毛周期(ヘアサイクル)の乱れ。

    毛周期の乱れによって髪の毛が完全に成長する前に抜け落ちてしまったり、髪の毛自体が細く痩せてしまうため、ハゲや薄毛が目立つようになるのです。 


    最近よく電車の広告などで見かけることの多くなったAGAですが、具体的にどういった原因があるのかをご存知でしょうか?

    ハゲ・薄毛になる主な原因

    ハゲ・薄毛の主な原因

    • 男性ホルモン
    • 遺伝
    • 生活習慣
    • 精神的なストレス
    男性ホルモン

    ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが、AGAの最も大きな原因。

    このジヒドロテストステロンが「毛周期」と呼ばれる髪の毛の成長サイクルに悪い影響を与え、薄毛を引き起こすのです。

    生活習慣

    ハゲの直接的な原因ではありませんが、日常的に脂質過多な食事をとっていると、血液中のコレステロールが増え、血流を悪化させます。

    血行が悪くなると、髪の毛を作り出す細胞に栄養が十分に行き渡らなくなり、健康な毛髪の成長を妨げる可能性があります。

    その他にも、過度な飲酒や喫煙、睡眠時間の乱れなども成長ホルモンの分泌に悪い影響を及ぼすおそれがあるため、避けた方がいいでしょう。

    精神的なストレス

    こちらも直接的なAGAの原因ではありませんが、精神的なストレスを抱えるとホルモンバランスや自律神経崩すため、髪の毛の成長が阻害される可能性があります。

    遺伝

    薄毛に関連する遺伝子についてはまだまだ解明されていない部分があるため、はっきりとは言い切れませんが「母方の祖父が薄毛だと薄毛になる可能性が高い」といった説もあります。

    ハゲ予防の鍵は「毛母細胞の寿命」

    「毛母細胞(もうぼさいぼう)」とは、毛細血管から栄養素や酸素を受け取り、細胞分裂することで髪の毛を作る細胞組織のことです。 

    この毛母細胞が通常よりも早く寿命を迎えてしまうと、もうそこから新しい毛髪が生えてくることはありません。 

    また、この毛母細胞は毛根部分にあるため、毛根の数が減るということは髪の毛全体の本数が減ることにつながります。

    毛根の数は胎児のときと変わらず、成長とともに増えることは決してないため、ハゲ予防のためには今ある毛根を大切にしなければなりません。

    育毛剤はハゲの治療ではなく「ハゲ予防」として使う!

    育毛剤は「頭皮環境」を整えるためのもの

    育毛剤は読んで字のごとく毛を育てるためのものであり、ハゲの予防や失われた髪の毛を蘇らせるためのものではありません。

    多くの育毛剤には、頭皮に栄養を与える成分が含まれています。

    そのため、ハゲの予防に対して全く意味がないというわけではないのですが、あくまでその役割は薄毛治療をするのに適した健康な頭皮環境を作るということ。

    つまり、育毛剤の使用は、直接ハゲを予防・改善することにはならないのです。

    AGA治療薬と育毛剤の違いは「配合成分」

    一般的に、医師から処方されるAGA治療薬には、以下の成分が配合されています。
    • プロペシア(フィナステリド)
      抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の働きを抑える。
    • ザガーロ(デュタステリド)
      抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の働きを抑える。
    • ミノキシジル
      毛母細胞の働きを活性化させることで発毛を促進する。
    日本皮膚科学会での検証をもとに発表された男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)によると、プロペシアとミノキシジルは「使用推奨度ランクA:行うよう強く勧められる」とされています。

    ※ ザガーロに関しては、2016年6月に新たに発売されたため、上記のガイドラインには記されていません。

    効果的なAGAの治療として認められているのは、ミノキシジル成分5%含有の外用液でAGA専門クリニック等で処方してもらえます。

    育毛剤をはじめとする市販の育毛商品の中には、ミノキシジルが含まれるものもありますが、いずれも5%未満の育毛商品。

    ミノキシジルが配合されている育毛商品も一部市販されていますが、含有ミノキシジル成分は5%未満のものに限られ、これらの成分を含む育毛剤の販売は、医薬品に分類されるものに限られています(2016年10月現在)。

    育毛剤の使用は根本的なハゲ・薄毛治療にはなりませんが、頭皮環境を整えることによりハゲの予防にはつながるかもしれません。

    ハゲを予防するには、生活習慣の改善が必要?

    ジヒドロテストステロン(DHT)の作用を抑制しなければ、根本的なハゲ予防にはならない

    成人男性の3人に1人、およそ1,200万人もの人が悩んでいると言われているAGA。

    このAGAには、男性ホルモンの一種である、ジヒドロテストステロンの働きが大きく関係しています。 

    このジヒドロテストステロンには、胎生期に形成される外生殖器を発達させる作用がありますが、成人を迎えた男性にとっては、毛周期(髪のサイクル)を短縮させてしまう負のホルモンです。

    ハゲの主原因であるジヒドロテストステロンを阻害することが、1番効果的なAGA予防、そして「ヘア充」につながるのです。

    生活習慣の改善は、あくまで「健康な頭皮環境」を作るだけ

    血行が悪くなり毛髪に栄養が正しく行き届かなくなる・成長ホルモンに悪影響を与える原因として、しばしば生活習慣の乱れが挙げられます。

    しかし日々の不摂生は、頭皮環境の悪化につながるだけで、ハゲを引き起こす直接的な原因ではありません。

    正しい食事、適度な運動、十分な睡眠が健康にいいのは説明するまでもありませんが、あくまで頭皮が健康な状態になるだけ。

    AGAの治療には、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することが不可欠なのです。

    ハゲ予防のためには現状を把握するところから

    毛根の数には限りがあり、髪の毛を作っている毛母細胞には寿命があるため、ハゲになってから慌てて動き出すのでは手遅れになるおそれがあります。

    薄毛治療を始めてから効果が表れるまで時間がかかるため、いずれにしても早い段階から適切なハゲ・薄毛予防をしておくことが重要です。

    また、ハゲの原因は男性ホルモンであるため、近年では血液検査や遺伝子検査などから調べることが可能になりました。

    正しい知識を持った医師による診察を受ければ、あなたに合った予防法がきっと見つかります。

    気になる人は、一度検査を受けてみてはいかがでしょうか?


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加