生える人をふやす

    2017年09月06日 更新

    プロペシア(フィナステリド)服用の注意点:「割って服用」「個人輸入」はNG

    ハゲや薄毛の治療において、効果的なAGA治療薬「プロペシア(フィナステリド)」。確かなAGA治療効果が認められている一方、その副作用や服用の仕方には注意が必要とされています。
    今回のAGA+では、プロペシアの効果だけでなく、「割って服用すること」と「個人輸入」が危険である理由を説明します。

    プロペシア(フィナステリド)のAGA治療効果

    「AGA治療」を検索にかけた人であれば、一度は見たことがあるであろう「プロペシア(フィナステリド)」。

    日本皮膚科学会が2010年に発表した、男性型脱毛症診療ガイドラインにおいても、プロペシアはAGA治療薬として推奨されています。

    そんなプロペシアは、なぜAGAに有効なのでしょうか?

    そのメカニズムを理解するために、まずAGAについて説明していきます。

    「男性型脱毛症診療ガイドライン」とは? より詳しく知りたい人はこちら

    【ハゲ薄毛】結局何が効果的? 科学的根拠のあるAGA治療法はこれだ

    成人男性の3分の1が発症しているAGA(男性型脱毛症)

    成人男性の3分の1である約1,200万人が発症していると言われるAGA。

    AGAとは、思春期を過ぎた成人男性が発症する進行性の脱毛症のことで、生え際や頭頂部から髪の毛が薄くなっていく症状が特徴です。

    AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンによって「毛周期」を乱す

    そんなAGA(男性型脱毛症)による薄毛の原因は、男性ホルモンの1つである「ジヒドロテストステロン(DHT)」がヘアサイクルを乱してしまうことです。

    毛周期とは、髪の毛が成長し、抜け落ちるまでのサイクルのこと。

    通常、成長期が2〜4年程度、退行期が1ヶ月程度、休止期が5ヶ月程度。

    全体としては、1,000〜2,000日程度のサイクルとなります。

    しかし、ジヒドロテストステロンが毛周期を100日程度に短縮してしまうことで、細い髪の毛が増えたり、抜け毛が多くなってしまうのです。

    そのため、AGAによる薄毛を治療するためには、このジヒドロテストステロンの働きを抑制することが何よりも重要になってきます。

    プロペシア(フィナステリド)の効果

    ここまで説明してきた通りAGAを改善するためには、ジヒドロテストステロンによって乱された毛周期を正常に戻すことが必要。

    ジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンの「テストステロン」と、還元酵素である「5αリダクターゼ」が結びつくことで生成される物質です。

    プロペシアは、5αリダクターゼの働きを阻害する効果を持っており、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることができます。

    そのため、プロペシアを服用することで、ジヒドロテストステロンがヘアサイクルに及ぼす影響を弱めることができます。

    プロペシア(フィナステリド)を服用する上での注意点

    プロペシアの効果は確かなものですが、薬である以上、服用するにあたっていくつかの注意点があります。

    では、プロペシアを服用する際に気をつけるべきポイントを詳しく見ていきましょう。

    プロペシア(フィナステリド)の副作用

    まずは、プロペシア(フィナステリド)の副作用について説明します。

    プロペシア(フィナステリド)の副作用

    • 性欲減退
    • 勃起不全
    • 精液量減少
    このように、プロペシアには複数の副作用が確認されていますが、人によって副作用の現れる程度は異なります。

    AGA専門クリニックの担当医に相談して、自分に合った治療薬・治療法を模索することが重要です。

    妊婦のプロペシア(フィナステリド)服用は絶対NG

    プロペシアは成人男性向けのAGA治療薬であり、女性の服用は推奨されていません。

    また、妊娠中にプロペシアを服用すると、男子胎児の生殖器発達に害悪を及ぼすおそれがあります。

    服用だけでなく、プロペシアの成分が妊婦の皮膚に付着することでも胎児への影響が出る危険性も。

    くれぐれも妊婦に成分が触れないよう、プロペシアの管理には、細心の注意を払いましょう。

    医師の処方の下でプロペシア(フィナステリド)を服用するべき

    個人輸入されたプロペシア(フィナステリド)ジェネリックの使用は危険!

    男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、AGAに対する治療効果が認められているのは、フィナステリド1mg含有のプロペシア

    国内臨床試験では、1mg日投与群における頭頂部の写真評価において,軽度改善以上の効果が 58% にみられ、不変以上の効果は 98% に認められた。さらに、オープン試験として投与を継続した非ランダム化比較試験では、2年間および3年間の内服継続により軽度改善以上の効果が 68% および 78% の症例で得られ、その率は増加傾向を示した。

    出典:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版) - 公益社団法人日本皮膚 ...
    国内のAGA専門クリニックでは、有効成分フィナステリドが1mg含有されているジェネリック薬品「ファイザー」「トーワ」「サワイ」などを処方してくれることもあります。

    しかし、海外から個人輸入されているフィナステリド錠の中には、承認されているフィナステリド量をはるかに上回るジェネリック薬があります。

    「有効成分のフィナステリドが多く含まれているならお得!」と感じる方もいるかもしれません。

    しかし、治療効果が認められているとはいえども、海外から個人輸入されている規定量を上回ったフィナステリド錠を内服することは非常に危険です。

    フィナステリド内服量を自己判断で変えてはいけない!

    海外から個人輸入されたプロペシアのジェネリック薬を割って服用することで、1回分の内服量を独自でコントロールすることもご法度。

    ネット上では、個人輸入されたプロペシアのジェネリック薬を割ることで用量を調節し、薄毛や抜け毛の治療にかかるコストを抑えられると謳うサイトもあります。

    しかし、通販等で手に入るからと言えども、フィナステリドは医薬成分であり、自己判断で内服量を調節するのは非常に危険です。

    誤った服用を避けるためにも、絶対にプロペシアをはじめとするAGA治療薬を割って服用してはいけません。

    有効なAGA治療のためにAGAクリニックで相談を

    これまで説明してきたように、プロペシアはAGA改善に効果的な治療薬です。

    その一方、医薬品であるため副作用の可能性も十分に考えられます。

    自らの判断のみで服用量を決めてしまうと、治療効果が十分に得られないだけでなく、副作用などの危険も高まります。

    間違ったプロペシアの服用を避けるためにも、AGA専門クリニックで正しい服用方法を相談することが必要です。

    個人でプロペシアを購入、服用することは避け、医師の判断に従うことが、安全かつ効果的なAGA治療につながるはずです。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加