生える人をふやす

    2017年09月06日 更新

    育毛効果で注目を集める「ミノキシジル」外用薬と内服薬の違いとは?

    発毛を促すAGA治療薬として広く知られている「ミノキシジル」。そんなミノキシジルがどう薄毛に作用し、どのような効果を発揮するのか知っていますか?
    今回のAGA+では、AGA治療において大活躍の薬であるミノキシジルが持つ効果や副作用、外用薬と内服薬それぞれの効能を解説します。

    育毛効果で注目を集める「ミノキシジル」とは

    昨今、育毛に効果があるとして注目を集めている「ミノキシジル」。

    今でこそ、AGA(男性型脱毛症)への治療効果があるとしてお馴染みのミノキシジルですが、もともとはアメリカで降圧薬(血圧降下剤)として開発されました。

    降圧剤として用いられていた際に、体毛が濃くなる副作用が発見されたことがAGA治療薬として開発されたきっかけ。

    その後、研究が進み、AGA治療に効果があると実証され、1988年にまずアメリカで医療用医薬品としての承認を受けました。

    国内でも、日本皮膚科学会が作成した男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、ミノキシジル外用薬のAGA(男性型脱毛症)への効果が認められています。

    「男性型脱毛症診療ガイドライン」について、詳しく理解したい人はこちら。

    【ハゲ薄毛】結局何が効果的? 科学的根拠のあるAGA治療法はこれだ

    臨床実験で育毛効果が実証

    ミノキシジルの育毛効果は、国内外の臨床実験で実証されています。

    男性型脱毛症診療ガイドラインによると、ミノキシジル外用薬の長期投与(24ヶ月間)の実験などで育毛作用が認められたとのこと。

    また、「プロペシア(フィナステリド)」や「ザガーロ(デュタステリド)」といったAGA治療薬を女性が服用することはできませんが、ミノキシジルは男女ともに推奨対象です。

    ミノキシジルはなぜAGA(男性型脱毛症)に効果があるのか?

    では、なぜミノキシジルはAGA治療に効果があるのでしょうか?

    有力な説の1つが、ミノキシジルが持つ血行を促進させる働きが、髪の毛の健全な成長につながっているというもの。

    ミノキシジルが頭皮の毛細血管を拡げることで、頭皮に届く栄養が増え、結果的に髪の毛を健康な状態にすると言われているのです。

    しかし、他の降圧剤や血管拡張薬では育毛効果が確認されていないため、「全く関係がない」という指摘もされています。

    もう1つは、ミノキシジルが毛母細胞に直接働きかけているという説です。

    ミノキシジルが毛母細胞を活性化させることで、毛包を大きくし、髪の毛が太く長く成長するようになるというわけです。

    ただ、ミノキシジルがなぜ毛母細胞を活性化するのか、詳しいメカニズムは現在のところわかってはいません。

    今後、ミノキシジルと育毛の関係がより詳細に解明されれば、さらに効果的なAGA治療方法が見つかるかもしれません。

    ミノキシジル外用薬・内服薬、それぞれの特徴を解説

    ミノキシジルを配合した薬品には、頭皮に直接塗布する「外用薬」と服用するタイプの「内服薬」があります。

    ここでは、ミノキシジル外用薬とミノキシジル内服薬の違いを説明していきます。

    ミノキシジル外用薬

    ミノキシジル外用薬のメリットは、生え際や頭頂部など「薄くなっている」と感じる箇所に直接塗ることができる点。

    また、ミノキシジル内服薬と比べても、副作用の危険性が低いことも外用薬の強みです。

    ただし、頭皮のかゆみや湿疹など、外用薬ならではの副作用が起こる可能性も否定できません。

    ミノキシジル外用薬を使用する場合は、AGA専門の医師が推奨する使用方法を必ず守り、違和感を感じたらすぐに使用を中止しましょう。

    ミノキシジル内服薬

    一方のミノキシジル内服薬は、ミノキシジル外用薬よりも髪の毛の成長を促す効果が期待できるとされています。

    ミノキシジルの成分を体内から直接吸収できるため、より強い発毛効果を見込めると言われているのです。

    しかし、ミノキシジル内服薬は、ミノキシジル外用薬よりも副作用のリスクが高まるおそれがあります。

    具体的な症状としては低血圧や動悸、頭痛。

    これらの副作用はミノキシジル外用薬を使用した際にも現れる可能性はありますが、内服薬の服用時の方が報告例が多いです。

    また、ミノキシジル内服薬は、外用薬と違い、男性型脱毛症診療ガイドラインにて推奨を受けてはいません。

    処方を希望する場合には、副作用への不安も含め、一度医師に相談することをおすすめします。

    ミノキシジル治療を行うなら根気よく

    ミノキシジル外用薬、内服薬どちらを使用するにしろ、効果を実感するまでには最低6ヶ月程度必要です。

    加えて、効果が現れるまでの期間には個人差があります。

    しかし、AGA(男性型脱毛症)の治療効果が出ないからといってすぐに服用をやめてしまう、量を増やしてしまうなどの自己判断は避けましょう。

    本来の治療効果が発揮できないどころか、身体に悪影響を与えてしまうかもしれません。

    また、モチベーションを保つために、自分の頭皮を定期的に撮影しておくことがおすすめです。

    過去の頭皮状態と視覚的に比較することで、些細なAGAの治療効果も実感することができます。

    いずれにしろ、ミノキシジルを使って薄毛を解消するためには、根気よく使い続けることが必要です。

    AGA専門クリニックで診察を受けることがヘア充への第一歩

    ここまでの説明で、ミノキシジルがどういったAGA治療薬なのか理解できたかと思います。

    しかし、何度も言うように、ミノキシジルの効果や副作用は人によってさまざま。

    またAGA治療において、ミノキシジル単体の服用では、発毛を実感しにくいため、プロペシアやザガーロとの併用が推奨されています。

    ただし、治療薬の組み合わせがあなたの体質に適しているかどうかを自己判断するのは、非常に難しいこと。

    自分にとって最善の治療法に出会い、治療を経てヘア充になるためには、AGA治療専門のクリニックで医師に相談することが一番の近道なのです。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加