生える人をふやす

    2017年08月15日 更新

    将来はハゲ確定! 「ハゲやすい髪質」と言われる本当の理由

    「遺伝のせいで生まれつき髪が細い……将来ハゲるかも」なんて不安を抱えていませんか? 実は「細い髪の毛」と「細くなった髪の毛」とでは、ハゲになる可能性の高さが全く違います。そんな不安を解消するため、今回は髪質の「本当の話」をご紹介します。

    生まれつき“ハゲる髪質”なんてない

    生まれつき細く柔らかい髪の毛(猫っ毛)であったり、歳を重ねるごとにコシやハリがなくなってきたり......。

    「髪質から見て、将来ハゲる可能性が高いのではないか」と不安を抱いている人も少なくないはず。

    結論から言えば、先天的な髪質(髪の毛の太さ)と、ハゲるかどうかには“因果関係がない”とされています。

    しかし実際には、生活習慣や仕事環境が原因となり、後天的に髪質が変化することは十分にありえます

    生まれつき髪の毛が太いからハゲない! なんて安心できるのは、今だけなのかもしれません。

    では一体、髪質はどのように変化していくのでしょうか。

    髪質変化はハゲの予兆? 髪質の「軟毛化」にご注意を

    先にも説明したように、生まれつき太くコシ・ハリのある髪質の人でも、後天的に細く柔らかい髪質に変化する可能性があります。

    この症状を、髪の毛の「軟毛化」と呼んでいます。

    軟毛化が進むと、「抜け毛」の原因になってしまうおそれがあるのです。

    「縮れ毛が増えたと思ったら、その部分の生え際が薄くなってしまった……」という報告も多々。

    ハゲと髪質には、どのような関係があるのでしょうか。

    髪の毛の層:毛表皮、毛皮質、毛髄質

    髪の毛は3つの層に分かれています。

    外面から「毛表皮(キューティクル)」「毛皮質(コルテックス)」「毛髄質(メディテラ)」。

    キューティクル・コルテックス・メディテラは、ホルモンバランスの変化に順応して活動しています。

    科学的に解明されたわけではありませんが、直毛がくせ毛に、くせ毛が直毛に変化する原因は、「ホルモンバランスの乱れ」「皮膚再生時の毛穴の変化」ではないかと言われています。

    そのため、つむじ付近や前頭部の生え際が、部分的に軟毛化することもあるそうです。

    自分の髪質をチェックしてみよう!

    では、自分の髪質はどうでしょう。

    簡単な項目を用意したので、チェックしてみましょう。

    髪質チェック

    • 1.髪の毛を1本抜きます
    • 2.抜いた髪の毛の両端を両手でつまみ、横に引っ張ります
    • 3.横に伸びれば「軟毛」、すぐにプチっと切れれば「剛毛」
    髪質は千差万別です。

    「将来ハゲるかもしれない……」と感じている方は、ご自身の髪質を把握しておくとよいでしょう。

    薄毛を招く「AGA(男性型脱毛症)」をご存知ですか?

    もしも髪質に自信が持てない場合、「AGA(男性型脱毛症)」の可能性があります。

    日本にいる成人男性の3人に1人がAGAであると言われています。

    それは数にしておよそ、1,200万人。

    これほど多くの男性がハゲで悩んでいるのです。

    進行性の脱毛症・AGA(男性型脱毛症)とは?

    AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で、
    男性ホルモンが原因とされる脱毛症のこと。

    ※「Androgenetic=男性ホルモン」、「Alopecia=脱毛」

    男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化し、毛母細胞の細胞分裂を阻害してしまう結果、毛周期が乱れ、髪の毛が育たない環境になってしまうのです。

    他にも円形脱毛症粃糠(ひこう)性脱毛症脂漏(しろう)性脱毛症など、さまざまな症状がありますが、AGAに比べると発症率が低いとされています。

    AGA(男性型脱毛症)の恐怖! 成人男性であれば誰でもハゲる危険性があります。

    一般的に「ハゲ」というと、中年期のおじさんが悩むものだとイメージしがち。しかし、AGAは20代の若い世代でも発症することがあるため、若者にとっても他人事ではありません。

    最近では「若年性脱毛症」という言葉を耳にすることも増えましたね。

    そしてAGAで何よりも怖いのは、進行性の症状という点。

    症状がゆるやかに進行するため、発症早期に気づきにくく、自覚することが困難です。

    一度変化した髪質を元通りにするには?

    太く健康的な髪の毛を取り戻し、ヘア充になるための対策は、2つあります。

    1つ目は、正しい治療方法を知るべくAGA担当医に相談すること。

    AGA専門クリニックでは、ハゲについてのカウンセリングを基本無料で行なっています。

    ハゲの病気は素人目で見極めることが難しい病気なので、医師のカウンセリングを受けることで正しく治療を行うことができます。

    2つ目は、生活習慣を見直すことです。

    生活習慣が乱れることで、髪が成長するために必要な栄養素が行き届かず、育毛に悪影響を及ぼし薄毛を招くおそれがあります。

    まずは、以下の生活習慣に該当しないか確認してみてください。

    髪質が変化する理由①:食生活の乱れ

    髪が成長するために必要な栄養素は、主に食事によって摂取することができます。

    そのためカップ麺やコンビニ食のような偏った食事を続けていると、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足し、軟毛化や薄毛を招くおそれがあるのです。

    髪質が変化する理由②:睡眠不足

    健康的な髪を維持するため、十分な睡眠時間は確保しておきたいところ。

    なぜなら睡眠不足の状態が続いてしまうと、ホルモンバランスが乱れ、髪質が変化してしまう可能性があるからです。

    また、体の成長や回復を促す「成長ホルモン」は、深い睡眠時に分泌されているため、しっかりと睡眠をとらないと「髪の毛の層」が壊れ、発毛・育毛に悪影響を及ぼすことが懸念されます。

    髪質が変化する理由③:過度な喫煙

    タバコに含まれるニコチンなどの有害物質は、血行を悪化させてしまい、育毛に悪影響を及ぼすと言われています。

    生活習慣の改善は頭皮の健康状態を保つ上で不可欠

    以上のような生活習慣は、育毛に悪影響を与え、ヘア充からは遠のいてしまうので気をつけましょう。

    ただし、生活習慣を改善し健康的な髪質になったとしても、進行中のAGAが自然治癒することはありません。

    AGAが進行している場合、AGA担当医に相談することをオススメします。

    この記事で伝えたい「本当の話」

    • 1:先天性の髪質によって“必ずハゲる”とは言えない
    • 2:髪質が変化した方は、要注意!
    • 3:髪の毛について不安な方は、生活習慣を改め、AGA専門クリニックへ

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加