AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
【薬剤師監修】将来ハゲる人はどんな髪質なの?髪質を改善するには? アイキャッチ画像
    薬剤師

    2020年08月31日 更新

    【薬剤師監修】将来ハゲる人はどんな髪質なの?髪質を改善するには?

    「昔から髪が細いからハゲやすいかも」そんな不安はありませんか? 髪質とハゲの関係について正しく理解しておきましょう。髪質を改善するための方法や、おすすめの育毛剤も要チェックです。

    生まれつき“ハゲる髪質”なんてない

    【薬剤師監修】将来ハゲる人はどんな髪質なの?髪質を改善するには? 1番目の画像
    生まれつき細く柔らかい髪の毛(猫っ毛)だったり、歳を重ねるごとにコシやハリがなくなってきたりと、自分の髪質から「将来ハゲるのでは」と不安を抱く人も少なくないはず。

    結論から言えば、先天的な髪質(髪の毛の太さ)と、ハゲるかどうかは“因果関係がない”と言われれています。

    実際には、生活習慣やストレスが原因となり、後天的に髪質が変化することもあります

    つまり、「生まれつき髪の毛が太いからハゲない!」 とは言えないということ。

    では一体、髪質はどのように変化していくのでしょうか。

    髪質の変化はハゲの予兆? 髪質の「軟毛化」に注意

    上でも説明したように、生まれつき太くコシ・ハリのある髪質の人でも、後天的に細く柔らかい髪質に変化する可能性があります。

    この症状を、髪の毛の「軟毛化」と呼びます。

    軟毛化が進むと、「抜け毛」の原因になってしまうおそれも……。

    また、「縮れ毛が増えたと思ったらその部分の生え際が薄くなってしまった」というケースも多く見られます。

    ハゲと髪質には、どのような関係があるのでしょうか。

    髪の毛は毛表皮、毛皮質、毛髄質の3層から成る

    髪の毛は3つの層に分かれています。

    外側から「毛表皮(キューティクル)」「毛皮質(コルテックス)」「毛髄質(メディテラ)」。

    キューティクル・コルテックス・メディテラは、ホルモンバランスの変化に応じて活動しています。

    科学的に解明されてはいませんが、直毛がくせ毛に、くせ毛が直毛に変化する原因は、「ホルモンバランスの乱れ」「皮膚再生時の毛穴の変化」ではないかと言われています。

    そのため、つむじ付近や前頭部の生え際が部分的に軟毛化することもあるそうです。

    自分の髪質をチェックしてみよう!

    では、自分の髪質をチェックしてみましょう。

    次の手順通りに試してみてください。

    髪質チェックの手順

    • 1.髪の毛を1本抜く
    • 2.抜いた髪の毛の両端を両手でつまみ、横に引っ張ってみる
    • 3.横に伸びれば「軟毛」、すぐにプチっと切れれば「剛毛」
    髪質は人によってさまざまです。

    「将来ハゲるかもしれない……」と不安に思う人は、自分の髪質を把握しておくとよいでしょう。

    髪質が気になり始めたら「AGA(男性型脱毛症)」の可能性も!

    【薬剤師監修】将来ハゲる人はどんな髪質なの?髪質を改善するには? 2番目の画像
    もしも髪質に自信が持てない場合、「AGA(男性型脱毛症)」の可能性があります。

    日本の成人男性の3人に1人がAGAであると言われ、その数およそ1,200万人。

    これほど多くの男性がハゲで悩んでいるのです。


    細い説明を読むよりも、専門家に聞いたほうが早いかも?

    AGAヘアクリニックでは、スマホアプリを使って無料で・どこからでもカウンセリングが受けられます。

    「自分はひどい薄毛なのだろうか?」

    「治療が必要なくらい進行している?それとも生活習慣を改善すれば大丈夫?」

    などなど、薄毛に関する疑問をスマホアプリのビデオ通話で専門カウンセラーに無料で相談ができます。

    スマホカウンセリング後に勝手に治療費用が発生したり、しつこい勧誘などはまずないので安心して相談が可能です。

    サッカーの長友選手がイメージキャラクターをつとめているのも信頼がおけるポイントです。

    【薬剤師監修】将来ハゲる人はどんな髪質なの?髪質を改善するには? 3番目の画像

    【薬剤師監修】将来ハゲる人はどんな髪質なの?髪質を改善するには? 4番目の画像


    進行性の脱毛症・AGA(男性型脱毛症)とは?

    AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で、
    男性ホルモンが原因とされる脱毛症のこと。

    ※「Androgenetic=男性ホルモン」、「Alopecia=脱毛」

    男性ホルモンの一種・「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化し、毛母細胞の細胞分裂を阻害。

    その結果、毛周期が乱れて髪の毛が育たない環境になってしまうのです。

    他にも円形脱毛症粃糠(ひこう)性脱毛症、脂漏(しろう)性脱毛症など、さまざまな症状がありますが、AGAに比べると発症率が低いと言われています。

    AGA(男性型脱毛症)の恐怖! 成人男性であれば誰でもハゲる危険性が

    一般的に「ハゲ」というと、中年期のおじさんが悩むものだとイメージしがち。


    しかし、AGAは20代の若い人でも発症することがあり、若者にとっても他人事ではありません。

    最近では「若年性脱毛症」という言葉を耳にすることも増えてきました。

    そしてAGAで何よりも怖いのは、その症状が進行性という点。

    症状がゆるやかに進行するため、発症早期に気づきにくく、自覚することが困難です。

    「ハゲ」はAGAだけではない!

    髪質の悪化で真っ先に疑うべきはAGAですが、「ハゲ」の病気はAGAだけではありません。

    症状や原因によっては、AGAでない別のハゲを引き起こしている可能性もあります。

    まずは自分のハゲの原因を把握することが大切です。

    変化してしまった髪質を改善するには?

    【薬剤師監修】将来ハゲる人はどんな髪質なの?髪質を改善するには? 5番目の画像
    太く健康的な髪の毛を取り戻すための対策は2つあります。

    1つ目は、正しい治療方法を知るべくAGA専門家に相談すること。

    AGA専門クリニックでは、基本的に無料カウンセリングを行っています。

    ハゲの病気は素人では判断が難しく、医師によるカウンセリングを受けることで正しく治療を進めることができます。

    2つ目は、生活習慣を見直すことです。

    生活習慣が乱れると、髪の成長のために必要な栄養素が行き届かず、育毛に悪影響を及ぼし薄毛を招くおそれがあります。

    生活習慣を改善するために、以下のことを意識しながら生活してみましょう。

    髪質を改善する方法①:食生活を見直す

    髪の成長には、バランスの取れた食生活が重要です。

    そのため、カップ麺やコンビニ食のような偏った食事を続けていると、ビタミンやミネラルなどの髪に必要な栄養素が不足し、軟毛化や薄毛を招くおそれがあります。

    発毛・育毛におすすめの以下の栄養素を積極的に摂取するようにしましょう。

    発毛・育毛にいいと言われる栄養素

    • アミノ酸(タンパク質)
      肉類・魚介類・大豆製品など
    • ミネラル
      海藻類・乳製品・豚レバーなど
    • ビタミン類
      緑黄色野菜・果実・鶏レバーなど

    髪質を改善する方法②:睡眠をしっかりとる

    健康的な髪を維持するため、十分な睡眠時間も確保しておきたいところ。

    なぜなら睡眠不足の状態が続いてしまうと、ホルモンバランスが乱れて髪質が変化してしまう可能性があるからです。

    また、体の成長や回復を促す「成長ホルモン」は、深い睡眠時に分泌されるため、しっかりと睡眠をとらないと「髪の毛の層」が壊れ、発毛・育毛に悪影響を及ぼすおそれがあります。

    髪質が変化する理由③:喫煙をへらす

    タバコに含まれるニコチンなどの有害物質は、血行を悪化させ、育毛に悪影響を及ぼすと言われています。

    喫煙すると血管が収縮し、髪の毛に回るはずだった栄養が行き届きにくくなるのです。

    また、栄養の吸収を促進するビタミンCが喫煙によって破壊されることも、毛髪の成長にとってはよくないでしょう。

    もっと詳しく「飲酒・喫煙とハゲの関係」について知りたい人はこちらから
    ハゲる原因? タバコと酒はハゲを助長するのか

    髪質を改善する方法④:正しくシャンプーする

    頭皮環境を保ち、抜け毛を防ぐためには、正しくシャンプーをする必要があります。

    以下の「正しい洗い方」を参考に正しいシャンプーを心がけてください。

    シャンプーを使った正しい「髪の毛の洗い方」

    • ①: あらかじめブラッシングをする
      →髪の毛の絡まりをとるため
    • ②:お湯でよく予洗いする
      →汚れを落とし、泡立ちを良くするため
    • ③:手の平にシャンプーを取り泡立てる
      →直接つけると頭皮ダメージに
    • ④:頭皮に馴染ませる
    • ⑤:指の腹でマッサージするように洗う
      →爪を立てると頭皮を傷つけるため
    • ⑥:しっかりすすぐ
      →すすぎ残しは頭皮トラブルの原因になるため
    • ⑦:リンスは頭皮につけない
      →頭皮トラブルの原因になるため
    • ⑧:リンスもしっかりと洗い流す
    • ⑨:タオル・ドライヤーで乾かす
      →乾かさないと菌が繁殖するため

    シャンプーをする上で大切なのは、

    ・力任せに、爪を立ててゴシゴシと洗わないこと
    ・洗い残しがないようにしっかりすすぐこと


    この2つに注意しながら洗うと、頭皮を傷つけずに皮脂を洗い流すことができるでしょう。

    おすすめの育毛剤ならこちら

    【薬剤師監修】将来ハゲる人はどんな髪質なの?髪質を改善するには? 6番目の画像

    髪質を改善するためには、育毛剤の力を借りるのも効果的です。

    頭皮の血行を促進し、髪によい栄養を届けてくれる育毛剤で、髪の成長をサポートさせましょう。

    おすすめの育毛剤ならチャップアップ(CHAP UP)一択!

    【薬剤師監修】将来ハゲる人はどんな髪質なの?髪質を改善するには? 7番目の画像

    チャップアップは、皮膚科の専門医による品質保証と永久返金保証があるので、気軽に安心して使えるのが魅力です。

    有効成分「センブリエキス」「グリチルリチン酸ジカリウム」「ジフェンヒドラミンHCl」が育毛におすすめの成分であることも決め手の1つと言えるでしょう。


    生活習慣の改善は頭皮の健康状態を保つ上で不可欠

    【薬剤師監修】将来ハゲる人はどんな髪質なの?髪質を改善するには? 8番目の画像
    以上の生活習慣は、育毛に悪影響を与え、健康な髪からは遠のいてしまうので気をつけましょう。

    ただし、生活習慣を改善し健康的な髪質になったとしても、進行中のAGAが自然治癒することはありません。

    AGAが進行している場合、まずはAGA専門医に相談しましょう。

    髪質とハゲの関係まとめ

    • 1:先天性の髪質によって“必ずハゲる”とは言えない
    • 2:髪質が変化した人は要注意!
    • 3:不安な人は生活習慣を改めてAGA専門クリニックに相談を
    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー