AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
 AGA治療薬のニューフェイス「ザガーロ」の効果とは? アイキャッチ画像

    2018年08月02日 更新

    AGA治療薬のニューフェイス「ザガーロ」の効果とは?

    AGA治療薬である「ザガーロ」。ザガーロは2016年6月に発売された新しいAGA治療薬で、AGA発症の原因である男性ホルモンの働きを阻害する効果を持っています。今回は、AGA治療薬のニューフェイスであるザガーロが持つ効果を紹介します。

    AGA治療薬「ザガーロ(デュタステリド)」とは?

    ザガーロは、イギリスの製薬会社が開発し、2016年6月に発売された新しいAGA治療薬です。

    ザガーロは、「デュタステリド」を有効成分としており、AGA(男性型脱毛症)の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制してくれます。

    このデュタステリド(ザガーロ)は、もともと「アボルブカプセル」と呼ばれる前立腺肥大症の治療薬の成分として販売されていました。

    近年になって、前立腺肥大症の原因であった男性ホルモンや、それを抑制するデュタステリドがAGA(男性型脱毛症)の治療にも利用できることがわかり、AGA治療薬として販売されるようになったのです。

    AGA治療に効果がある「デュタステリド」とは?

    AGA(男性型脱毛症)は、髪の毛が持つ毛周期が乱れることで起きる薄毛の病気。

    そのAGA(男性型脱毛症)の原因となっている物質が、ジヒドロテストステロン(DHT)です。

    ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と結合することでできるもの。

    デュタステリドには、5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンを生成させない働きがあります。

    デュタステリドとフィナステリド(プロペシア)の違い

    「ザガーロ」が発売されるまで、5αリダクターゼを抑制するAGA治療薬は「プロペシア(フィナステリド)」のみでした。

    フィナステリドとデュタステリドのいずれの物質も、5αリダクターゼを抑制するという点では同じ。

    5αリダクターゼには、「5αリダクターゼ1型」と、「5αリダクターゼ2型」がありますが、ここにフィナステリドとデュタステリドの大きな違いがあります。

    フィナステリドが主に5αリダクターゼ2型を抑制するのに対し、デュタステリドは1型と2型のどちらにも強い抑制効果を発揮するのです。

    ザガーロ(デュタステリド)を使用する際の注意点・飲み方

    継続的な服用が望ましく、プロペシア(フィナステリド)との併用は避ける

    2017年現在、AGAの治療法は日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインに記されているものが推奨されています。

    男性型脱毛症診療ガイドラインは2010年に発表された資料のため、ザガーロの記載はありませんが、2015年に厚労省から認可を受け、2016年6月に発売された正式なAGA治療薬です。

    ザガーロの服用は1日1回ですが、目に見えた効果が出るまでには約6ヶ月はかかるとされています。

    また、プロペシアとの併用は望ましくないので、プロペシアを使用している場合は完全に移行しましょう。

    ザガーロ(デュタステリド)の具体的な効果と副作用についてはこちら
    AGA対策! デュタステリド(ザガーロ)の発毛効果・副作用を解説

    「男性型脱毛症診療ガイドライン」について、より詳しく知りたい人はこちら。
    【ハゲ薄毛】結局何が効果的? 科学的根拠のあるAGA治療法はこれだ

    女性や未成年者がザガーロを内服してはいけない

    ザガーロは、成人男性の服用を想定して開発された薬です。

    あくまで男性型脱毛症のための内服薬なので、女性や未成年者の服用は効果がないばかりか、有害であるおそれもあります。

    とくに妊娠中や授乳中の女性に関しては、胎児や乳児の生殖器官の発育に影響を与える可能性があり、内服はおろか触れることも危険なので、取り扱いには注意が必要です。

    身の回りに妊婦や小さいお子さんがいる環境でザガーロを服用する場合は、誤って触れたり体内に入ることがないよう細心の注意をもって服用しましょう。

    ザガーロは割って飲んではいけない

    ザガーロはプロペシア同様に、割って飲まないようにしましょう。

    割って飲んでしまうと決められた内服量と違ってしまうため、想定外の症状が起こりかねません。

    どのAGA治療薬においても、決められた内服量を決められた回数で服用することで正しい効果が発揮されます。

    ザガーロ内服中は輸血をしてはいけない

    ザガーロ内服中に輸血をすると、ザガーロの成分が含まれた血液が妊婦に行き渡ってしまうおそれがあるので避けなければいけません。

    輸血は、ザガーロの内服を中止してから1ヶ月後に行うことができます。

    【本当の話】薄毛は薬で治せる。相談するならAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック
    AGAヘアクリニックは、スマホのテレビ電話で無料診察してくれるので、自宅にいながら処方が受けられます。 まずは無料診察のご予約を。
    Sponsored by AGAヘアクリニック


    ザガーロの本当の話

    ザガーロの投与には適切な処方でないと危険

    ザガーロは、AGAの専門病院にて処方を受けることができます。

    他のAGA治療薬にも言えることですが、個人輸入や医師の処方なしにザガーロを内服するのは危険なので絶対にやめましょう。

    個人の判断で服用を決めたり、中止したりするのも思わぬ副作用を招いてしまうおそれがあります。

    ザガーロを服用する際は、AGAの専門病院による指導のもと、用法用量を守りましょう。

    適切なザガーロの処方はAGA治療の専門クリニックで!

    投薬治療によってジヒドロテストステロンの働きを抑制し、発毛を促していくのがAGA(男性型脱毛症)の主な治療法。

    ただし、投薬治療だけでなく食生活や睡眠などの生活習慣を見直したり、育毛に適した頭皮環境を整えることも大切です。

    AGAは、一人ひとりに合わせた治療法を実践していかなければなりません。

    ザガーロは、AGAの症状を改善する上でとても効果的なので、少しでも薄毛が気になったらまずはAGAの専門病院に足を運んでみましょう。

    お医者さんこそが、あなたがヘア充になる手助けをしてくれる最大の味方です。


    AGAクリニック人気ランキング

    AGAクリニックランキング

    AGA+読者に選ばれたAGAクリニックの人気ランキングを紹介します!
    ※ 人気=予約件数

    1位:AGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック

    テレビCMで話題の「ヘアクリ」ことAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニックは、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリングを無料で行っているため、全国どこからでも、医師に直接相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることも可能です。

    2位:AGAINメディカルクリニック

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です。

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    3位:ウィルAGAクリニック

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、費用面のサポートも行っているウィルAGAクリニック

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    カウンセリングは無料、メールからいつでも予約可能です!



    >>毛髪診断士によるクリニックレビューはこちら<<

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー