生える人をふやす

    2017年09月25日 更新

    植毛はハゲ治療に効果的? 毛を植える前に読んでほしい本当の話

    AGA(男性型脱毛症)やハゲの治療法の一つである「植毛」。AGAの治療には、AGA治療薬による投薬が最も効果的とされていますが、費用や効果の面で、投薬治療と植毛には大きな違いがあるようです。今回は、植毛の種類やその他のAGA治療について紹介し「植毛って効果あるの?」という疑問を解決します。

    植毛にはどんな方法があるの?

    自分の毛髪を移植する「自毛植毛」

    自毛植毛は、主に側頭部や後頭部の毛髪を、毛根ごと髪の薄い場所へ新たに植え付けるという治療法です。

    薄毛の目立たない部分の毛包を、そのまま薄毛の部分に移植するというもの。

    つまり、薄毛の目立たない部分から薄毛の部分に髪の毛を移植するということです。

    自身の毛髪をそのまま移植するだけなので、副作用などの弊害を少なくできるのがメリットです。

    薄毛治療の1つである自毛植毛には2つの手術方法があります。

    1つは「FUT法」と呼ばれるもので、メスで毛髪部分を皮膚ごと切り取って移植するという方法。

    皮膚ごと移植するため毛髪の定着率が高く、一度に多くの毛髪を移植することができます。

    その反面、皮膚を切開するため傷口が残ってしまうというデメリットも......。

    もう1つは「FUE法」と呼ばれ、メスではなく直径1ミリほどのパンチを使用し、毛包を採取するという方法。

    薄毛の部分に穴を開け、そこへパンチで採取した毛包を移植します。

    切開による傷跡が残らないのは利点ですが、1本ずつ移植していく必要があるため、FUE法と比べるとやや時間がかかるようです。

    人工の毛を埋め込む「人工植毛」

    人工植毛は、ポリエステルや合成繊維などでできた人工の髪の毛を頭皮に埋め込むという治療法。

    人工で作られた毛を埋め込むため、毛量や色・毛の細さなどを自分で設定できるのがメリットですが、化学物質を使用して作られた毛髪なので頭皮への影響が懸念されます。

    化学物質が拒絶反応を起こし、思わぬ副作用などを引き起こすおそれもあるため、世界的には否定されている植毛法と言われます。

    日本皮膚科学会が定めた男性型脱毛症診療ガイドラインにも、「人工植毛は行うべきではない」と記載されており、頭皮環境をかえって悪化させるリスクを考慮して、避けるべきでしょう。

    「男性型脱毛症診療ガイドライン」についてもっと詳しく知りたい人はこちらから

    植毛はAGA(男性型脱毛症)やハゲの治療に効果的?

    植毛は、髪の毛そのものを増やすことができる

    植毛によってもたらされる最も大きな効果は、髪を直接植え付けることで、短期間で髪の毛を増やせるということ。

    移植された毛包が成長していくことで、手っ取り早く薄毛が改善されていくのです。

    ただし、植毛によってAGA(男性型脱毛症)が治療するわけではない

    植毛は、あくまで髪の毛の量を増やすためのもの。

    AGA(男性型脱毛症)などの脱毛症が治るわけではありません。

    AGAは男性ホルモンの働きによって発症する脱毛症です。

    AGAを発症する理由を簡単に説明すると、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの一種が毛周期を乱し、脱毛を促します。

    つまり、AGAは男性ホルモンの働きによって引き起こされるため、植毛では根本的な解決にはならないのです。

    AGA(男性型脱毛症)やハゲの治療に効果が認められているもの

    植毛をする前に、AGA治療薬を試そう!

    AGAを治し、本当の意味でのヘア充を目指すなら、植毛に踏み切る前に考えてほしいのが投薬治療です。

    AGAの治療法は、日本皮膚科学会による「男性型脱毛症診療ガイドライン」の中で推奨度別に定められています。

    ランクAからB、C1、C2、Dの順番の中で、最も高いAランクに定められているのが、「フィナステリド」と「ミノキシジル」による治療法。

    本記事で取り上げている「自毛植毛」は、2番目に高いBランクとして取り上げられていますが、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの抑制をすることはできません。

    そのため、AGAの治療法としては投薬と比べて推奨度は低くなっています。

    また、人工植毛に関しては最も低いDランクに指定され、薄毛治療として行うべきではない治療法として指定されています。

    「男性型脱毛症診療ガイドライン」が定めたAGA治療の推奨度ランク

    • ランクA(最も推奨されている):プロペシア(フィナステリド)、ミノキシジルによる投薬治療
    • ランクB:自毛植毛
    • ランクC1・C2:塩化カルプロニウム / 育毛剤の外用
    • ランクD(行うべきでない):人工植毛 / 女性によるプロペシア(フィナステリド)の服用

    AGA(男性型脱毛症)の治療に効果的なもの①:フィナステリド

    フィナステリドは、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成に関わる「5αリダクターゼ」の働きを抑制してくれる成分です。

    フィナステリドを有効成分とする内服薬は、「プロペシア」という名称で販売されており、1日1回・約6ヶ月間服用することで効果が発揮されます。

    また、近年ではフィナステリドよりも治療効果を持つ「デュタステリド」という成分が注目され始めています。

    デュタステリドを有効成分とする薬は、2016年6月に発売された「ザガーロ」という内服薬。

    「男性型脱毛症診療ガイドライン」に、ザガーロの記載はありませんが、厚労省からAGA治療薬として正式に認可を受けています。

    AGA(男性型脱毛症)の治療に効果的なもの②:ミノキシジル

    ミノキシジル」は、育毛を促進することができるAGA治療薬の1つです。

    頭皮の根元にある毛乳頭が、毛細血管から栄養を受け取って毛母細胞が分裂するというのが毛髪が成長する仕組み。

    ミノキシジルは栄養を毛髪に送る毛細血管を拡張することで、育毛を増進することができます。

    育毛効果がある「ミノキシジル」に加え、ジヒドロテストステロンを抑制する「プロペシア」や「ザガーロ」を併用することが、より効果的なAGA治療法と言えるでしょう。

    植毛にかかる費用って、だいたいいくら?

    植毛の手術費用は高額

    「男性型脱毛症診療ガイドライン」で推奨されている自毛植毛は、短時間で薄毛を改善できますが、根本的なAGAの治療にはなりません。

    その上、植毛にかかる費用は50〜100万円ほど。(※ 2017年8月現在)


    また、定期的なメンテナンスが必要となる場合が多く、その都度費用がかかります。

    また、植毛はAGA治療と同様、健康保険の適用対象外のために、費用は全額を負担しなければなりません。

    推奨度から考えてもAGA(男性型脱毛症)には投薬治療がおすすめ

    植毛と比べて、投薬によるAGAの治療は費用がかからない上、AGAの治療には効果的。

    これは、「男性型脱毛症診療ガイドライン」内の推奨度が示しているように、科学的にも検証されている本当の話です。

    植毛は、あくまで投薬治療による効果が見られなかった場合に行うとよいでしょう。

    「もしかして、AGA……?」と少しでも感じたあなた。

    まずは投薬によるAGA治療をおすすめします。

    AGA治療薬は、AGAの専門病院による治療と処方が必要です。

    AGAの専門クリニックが行っている無料カウンセリングなどで、一度医師に相談してみましょう。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加