生える人をふやす

頭皮 / 毛髪(髪の毛)ケア

頭皮 / 毛髪(髪の毛)ケアとは

ハゲや薄毛に悩む人ならば、育毛剤や育毛シャンプーなど、「育毛に効果がある」と言われている商品を試したことがあるのでは?

しかし、育毛剤や育毛シャンプーの使用だけで髪を生やすことは、正直難しいでしょう。

育毛剤や育毛シャンプーの役割は「薄毛を治す」ことではなく、「頭皮・毛髪のケア」をすること。

つまり、頭皮・毛髪のケアを行うことで、頭皮環境を整え、ハゲにくくなることが目的なのです。

AGA+では、より効果的な頭皮・毛髪ケアの方法や、育毛に関する正しい知識を紹介します。

育毛剤・育毛トニックについて

育毛剤と育毛トニックの違いを知っていますか?

実は、育毛剤と育毛トニックは、含まれる成分や、期待できる効果が大きく異なります。

育毛剤・育毛トニックの違い

  • 育毛剤:血行・代謝促進作用、殺菌作用のある成分が含まれる
  • 育毛トニック:9割が水とアルコールでできていて、殺菌作用、冷感作用がある
育毛トニックには、育毛剤のような「血行・代謝促進作用のある成分」はほとんど含まれていません。

育毛トニックが持つのは、デオドラント効果に留まります。

一方で育毛剤には、「頭皮の血行・代謝を促進する成分」が多く含まれていて、頭皮環境を整える効果が期待でき、抜け毛を減らすことにつながります。

しかし、市販の育毛剤に含まれている成分は、髪の毛を生やす効果について科学的根拠の乏しいものが多いのです。

国内で唯一「リアップ」という育毛剤には、薄毛治療への効果が科学的に認められた成分「ミノキシジル」が配合されていますが、その他の育毛剤には、育毛・発毛効果はほとんど期待できないと言っていいでしょう

「育毛剤・育毛トニック」についてもっと知りたい

シャンプーについて

薄毛に悩む人ならば、「毎日使用するシャンプーにはこだわりたい」「できるだけ頭皮や髪に優しいものを選びたい」と思いますよね。

最近は、「育毛シャンプー」と銘打ったシャンプーも数多く売られていますが、育毛シャンプーに発毛・育毛効果はありません。

しかし、頭皮や髪の毛に優しい成分が配合されていることが多く、頭皮・毛髪ケアには役立つでしょう。

ドラッグストアなどで売られている普通のシャンプーと、育毛シャンプーの大きな違いは、界面活性剤の種類

普通のシャンプーの多くに、頭皮への刺激が強い高級アルコール系界面活性剤が含まれるのに対し、育毛シャンプーには、頭皮への刺激が弱いアミノ酸系石けん系の界面活性剤が含まれることが多いのです。

また、頭皮・毛髪のケアのためには、シャンプーの仕方にも注意が必要です。

せっかく頭皮に優しいシャンプーを使っていても、お湯が熱すぎたり、ゴシゴシと爪を立てて洗ったりすると、かえって頭皮を傷つけてしまいます。シャンプーをする際は頭皮を傷つけないよう、ぬるま湯で、優しくマッサージするように洗うことを心がけましょう。

「シャンプー」についてもっと知りたい

ハゲ・薄毛をカバーするヘアスタイリング

薄毛・ハゲを改善するには、病院での治療が最も効果的です。

しかし、薄毛治療は長期戦。

薄毛治療では、投薬治療を中心に行うのが一般的ですが、薬を服用し始めてから効果が現れるまでには平均3〜6ヶ月ほど、人によってはそれ以上の期間が必要になります。

「効果が現れるまで、ハゲたままなんて我慢できない……!」

そんな人のために、薄毛をカバーできるヘアスタイリングがあります。

詳しくは、薄毛男性から圧倒的な支持を集めるヘアサロン「INTI」監修の記事を参考にしてみてください。

「ハゲ・薄毛をカバーするスタイリング」をもっと知りたい